「働く」ことを考える課

「働く」ことに悩んでいる人たちに、少しでも勇気や元気を持ってもらえるように、「働く」ことを前向きに、そして色々な視点で考えていきます。

信じること、頼ること、から信頼関係が生まれる

time 2017/09/07

信じること、頼ること、から信頼関係が生まれる

【信じること、頼ること、から信頼関係が生まれる】

 

ある事業部長の事例から、信じること、頼ること、信頼することの大切さを考えます。

人は、信じられて、頼られていると実感出来ると、やる気もモチベーションも高まります。

まずは、自分から相手を信じること、頼ること、ここから信頼関係が生まれます。

 

【成功につなげた失敗】

事業部長は様々な失敗を活かして、様々な成功につなげました。

そして関係者をうまく巻き込むことで、スムーズな仕事につなげました。

しかし、最初から関係者の巻き込みがうまくいっていたわけではありませんでした。

 

【当初の事業部長】

当初の事業部長は、何から何まで自分でやらなければ納得しない質でした。

ですので、関係者に仕事を依頼する場合には、部分的な依頼の仕方でした。

つまり、事業全体の目的や方向性、流れなどを全く伝えず、その依頼する仕事の部分だけを伝えていました。

当然依頼される側も、事業の全体像がつかめず仕事をするわけですから、何のためにその仕事をするのか、全く目的が分からず仕事をすることになります。

当然のように、言われた以上のことは出来ず、仕事に対する工夫も出来ず、改善も出来ず、言われたことを言われた通りにしか仕事が出来ませんでした。

そして事業部長は、各事業の多くの部分を抱えるようになってしまい、一時はプライベートのほぼ全てを犠牲にして働いていたようです

 

【事業部長を変えた部下の一言】

そんな忙しい事業部長を見かねた部下が、ある時「私たちにもっと任せてください。」という話しを直接、事業部長にしました。

それまではあまり聞く耳を持たなかった事業部長は、その時は結構忙しさに疲れていたこともあり、そのスタッフから色々と話しを聞くことにしました。

そこで、部下を信頼していない自分に気付き、また信頼していない部下からの信頼も無いことにも気付きました。更に自分以外の人たちの仕事も、信頼していなかった自分に気付きました。

また信頼関係のない中での仕事は、部下にとっても非常にやりがいのない、無機質な仕事になっていたようです。

そして自分のためにも、退職を覚悟で事業部長に進言しました。

そこで事業部長は、それまでの自分自身を振り返り、大きく反省をしました。

 

【反省から生まれた仕事のスタイル】

そこから困っていることは困っている、悩んでいることは悩んでいると、素直に自分の気持ちを部下や関係者に伝えるようにしました。

そこから生まれたのが、失敗をしたら関係者を集めて協議をするという仕事のスタイルです。

ここから関係者の巻き込みが始まりました。

 

【信頼関係は信じて頼ること】

頼られることは、それ自体がモチベーションになるようで、部下たちは頼られれば頼られるほど、活き活きと仕事をするようになりました。また色々な改善提案なども増えて、仕事の質も上がったようです。

事業部長はその部下の姿を見て、それまで部下を頼っていなかったことを、改めて反省しました。

そして部下の仕事を信じて、更に頼るようになり、信頼関係も深まっていき、この関係性の構築が、各事業の成功につながりました。

 

【まとめ】

人は一人で出来る仕事には限界があります。

色々な人が信頼し合って仕事をすることで、より大きな仕事につながります。

また人は信じられそして頼られるから、頑張ります。そして信頼されていることは、仕事のモチベーションにもなります。

信じる、頼る、信頼する、仕事をしていく中で、本当に重要なことだと思います。

 

【信頼 格言】

「信頼してこそ人は尽くしてくれるものだ。」(武田信玄)

「この人にはこれだけしか能力がないなどと決めつけては、能力は引き出せません。」(井深大)

「良い時も、悪い時も同じ態度で接してくれた人だけ信じられるんだ。そういう人と一生付き合っていたい。」(落合博満)

「命令を質問の形に変えると、気持ちよく受け入れられるばかりか、相手に創造性を発揮させることもある。」(デール・カーネギー)

「自分を相手より利口に見せても愚かに見せても、得る所はない。」(アイザック・ニュートン)

「お前は自分の立場に忠実なのは結構だが、同時に恕、つまり相方の立場も理解してやるという広い気持ちを持たねば、世の中に円満に処していくことは出来ない。」(渋沢栄一)

「人を信頼しなさい。そうすれば人はあなたに正直になるだろう。素晴らしい自分として接しなさい。そうすれば素晴らしさを示してくれるだろう。」(エマソン)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

down

コメントする




自己紹介