「働く」ことを考える課

「働く」ことに悩んでいる人たちに、少しでも勇気や元気を持ってもらえるように、「働く」ことを前向きに、そして色々な視点で考えていきます。

良い人間関係は、思考の質と行動の質を高める

time 2017/10/01

良い人間関係は、思考の質と行動の質を高める

【良い人間関係は、思考の質と行動の質を高める】

 

良い人間関係をつくることができたら、思考の質が高まっていきます。

そして思考の質は、行動の質につながります。

更に行動の質が高まれば、仕事の成果につながっていきます。

今回は、その循環について考えていきます。

 

 

【人間関係の第一歩は共感から】

もしあなたが、自分の悩みを誰かに相談したときに、「そんなことで悩んでいるんじゃない!」などと、聞き入れられなかったら、どう思うでしょうか。

また、色々と考えて自分の意見を出したときに、「そんなくだらない意見を出すな!」などと、最初から否定されたら、どう思うでしょうか。

相手に悩みを伝える、相手に意見を言う、このように相手に何かを伝えたり言ったりすることは、非常に勇気のいることです。

まずは、勇気を振り絞って言ってきてくれたことに、「なるほど」と一言共感してもらうだけで、伝えた側はホッとします。

またホッとすると同時に、共感してもらった相手に親しみを抱きます。

そしてお互いの関係はグッと近づきます。

この共感が、人間関係をつくる第一歩です。

 

※参考書籍

マンガで読み解く プロカウンセラーの共感の技術

 

【人間関係は思考の質に影響する】

そしてホッとして相手に親しみを感じると、更に話しが盛り上がります。

このことは、私たちは日常的に感じていることかと思います。

一緒にいてホッとする相手、親しみを感じる相手と、私たちは友達になり、お付き合いの度合いも深まります。

これは仕事でも同じことが言えます。

活発な議論が展開されている会議、良いアイデアがドンドン生まれてくるミーティングなどは、その場に参加されている方々の人間関係がつくられているときです。

このように関係性の質は思考の質につながります。

逆に少しでも雰囲気を乱すような関係性があったら、議論は活性化されません。思考の質が低下します。

シーンと静まり返った会議などは、参加者同士の関係性の構築がうまくいっていないときです。

また関係性の悪い人と一緒にいると、これも頭がうまく回らず、その場は全く盛り上がりません。一緒にいることすら、辛くなってしまいます。

 

※参考書籍 

不機嫌な職場~なぜ社員同士で協力できないのか (講談社現代新書)

 

【思考の質は行動の質につながる】

そして話しが盛り上がり、色々な良いアイデアが生まれてくると、次に生まれるのが「それ良いね!」「是非やってみよう!」という、コンセンサスとコミットメントです。

コンセンサス、つまりお互いに納得して合意したことは、コミットメント、つまり責任を持った約束につながっていくということです。

納得度合いが高ければ高いほど、約束の責任度合いも高まります。つまりコンセンサスとコミットメントは比例するということです

また強くコミットされたことは、行動の質の高さにつながっていきます。コミットメントの強さと行動の質も比例します。

そして質の高い行動は、成果に比例します。

 

※参考書籍 

ワクワクする職場をつくる。-「良い感情の連鎖」が空気を変える

 

【まとめ】

相手に共感するということは、人間関係をつくることにつながります。

人間関係がつくることが出来たら、場が盛り上がり、良いアイデアが生まれます。

良いアイデアは、コンセンサスとコミットメントにつながり、実際に行動につながります。

行動につながると、成果につながっていきます。

つまり、良い人間関係が仕事の成果につながるということです。

 

※参考書籍

「上司がさっぱりわかってくれない」と思っているあなたへ

 

【補足】

人間関係をつくる魔法の共感言葉を「なすび」と覚えておきましょう。

更に「ハ行」をくっつけると効果的です。

な:なるほど 「へ~、なるほど」

す:すごい  「ほ~、すごい」

び:びっくり 「ひゃ~、びっくり」

人間関係をうまくつくっている人は、このような共感の言葉を有効に使っています。またそういう言葉を使うタイミングも、非常に上手です。

「この人、共感の言葉を使うのがうまいな」と思う人がいたら、是非その人の実例から学びましょう。必ず数人は、周りにいるはずです。

 

※参考書籍

心をつなげる 相手と本当の関係を築くために大切な「共感コミュニケーション」12の方法

 

【共感 格言】

「人とつきあうのに秘訣があるとすれば、それはまずこちらが相手を好きになってしまうことではないでしょうか。」(瀬戸内寂聴)

「垣根は相手がつくっているのではなく、自分がつくっている」(アリストテレス)

「どういうことばを使うかは、あまり難しく考える必要はない。相手に恥をかかせたり、傷つけたりするようなことを言わなければいいのである」(斎藤茂太)

「自分の価値観で人を責めない。一つの失敗で全て否定しない。長所を見て短所を見ない。心を見て結果を見ない。そうすれば人は必ず集まってくる」(吉田松陰)

「世界の不幸や誤解の四分の三は、敵の懐に入り、彼らの立場を理解したら消え去るであろう」(ガンジー)

「人々は悲しみを分かち合ってくれる友達さえいれば、悲しみを和らげられる」(シェイクスピア)

「人としてこの世に生まれて一番大切なことは、人に好かれる人間になることだよ」(中村天風)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

down

コメントする




自己紹介