「働く」ことを考える課

「働く」ことに悩んでいる人たちに、少しでも勇気や元気を持ってもらえるように、「働く」ことを前向きに、そして色々な視点で考えていきます。

自分の「目的」と「目標」について考えましょう!

time 2017/11/05

自分の「目的」と「目標」について考えましょう!

「自分の「目的」と「目標」について考えましょう!」

 

「目的」と「目標」との違いを理解し、「目的」と「目標」そして「最初の一歩」を設定することの重要性を考えます。

そして最後に、自分の「目的」と「目標」について振り返りながら、最初に踏み出す一歩を設定していただきます。

今回も一緒に考えていきましょう。

 

【はじめに】

働くためには、「目的」と「目標」の設定が大切であると、よく言われます。

しかしこの「目的」と「目標」の定義を間違えて捉えて、うまく活用が出来ていない状況をよく見ます。

そして今回は、この「目的」と「目標」の違いを、事例を使って理解しながら、うまく活用できるように考えていきたいと思います。

 

 【「目的」と「目標」の違い】

「目的」とは、「的(まと)」と書いているように、的となるゴールを指します。

「目標」とは、「標(しるべ・しるし)」と書いているように、ゴールに到達するための道しるべです。

 

分かりやすい事例で考えると、

東京から札幌に出張する場合

目的:13時までに札幌駅に到着

目標:会社を9時半に出て、羽田発10時半の飛行機に乗る

というように、目的はゴールであり、目標はそのゴールに到達するための道しるべであることがわかります。

 

仕事の中でも、この「目的」と「目標」の違いを理解し、上手に使い分けて考えていくことで、自分のやるべきことが明確になってきます。

  

【仕事での「目的」】

仕事での「目的」とは、将来の「あるべき姿」「ありたい姿」です。

まずはご自身で、「いつ、どうあるべきか、どうありたいか」の「目的」を定めることが必要になります

この「目的」を明確に定めることが出来たら、日々の仕事の意味合いや価値なども明確になってきます。そうなると、日々の仕事への取り組み方も変わってきます。

まずは、「目的」を定めましょう。

  

事例

目的:仕事に活かすために1年後に社労士の資格を取得する!頑張るぞ!!

  

 

※ザ・ゴール

ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か

ザ・ゴール コミック版

 

 

【「目的」と「現状」とのギャップを見る】

「目的」が明確に定まったら、次に行うのが「現状」を見ることです。つまり今の状況を把握することです。

そして「目的」と「現状」とのギャップを考えます。

このギャップが明確に見えたら、「目標」の設定につながりやすくなります。

 

事例

目的:仕事に活かすために1年後に社労士の資格を取得する!頑張るぞ!!

現状:今は社労士に関する本を数冊持っている程度で、専門的な勉強をしていない。

ギャップ:1年後に社労士の資格を取得するなら、もっと専門的な勉強をしなければならない。

 

 

 

【「目標」の設定】

「目的」と「現状」から、ギャップが明確に見えたら、その次に具体的にいつまで、どこまで、何に取り組むのか「目標」を設定します。

 

事例

目的:仕事に活かすために1年後に社労士の資格を取得する!頑張るぞ!!

現状:今は社労士に関する本を数冊持っている程度で、専門的な勉強をしていない。

ギャップ:1年後に社労士の資格を取得するなら、もっと専門的な勉強をしなければならない。

目標:

①まずは専門的な勉強をするために、通信講座に申し込む。

②テキストが届いたら3か月目で半分、6か月目でテキスト全ての勉強を終わらせる。

③そして9か月目には過去問5年分全てを終わらせ、その後は3冊の問題集を繰り返し行い、試験に臨む。

  

 

※目標達成に向けて

原田隆史監修 目標達成ノート STAR PLANNER

原田隆史監修 目標達成手帳 STAR PLANNER

 

 

【「最初の一歩」の設定】

「目的」が定まり、「現状」とのギャップから、具体的な「目標」が設定出来たら、ここで結構人は安心してしまいがちです。

「目的」と「目標」が定まっても、掛け声だけで終わり、行動に移せない場合をよく見かけます。

 

そこで「目的」「目標」に向かって、行動するために取り組むことが、「最初の一歩」の設定です。

この「最初の一歩」を踏み出すことで、行動につなげていきます。

行動につなげるために「最初の一歩」は、なるべくハードルを低くしておきます。気軽に踏み出せる一歩を、具体的に設定します。

逆に「最初の一歩」のハードルが高いと、最初から行き詰ってしまい、行動に移せなくなります。

 

事例

目的:仕事に活かすために1年後に社労士の資格を取得する!頑張るぞ!!

現状:今は社労士に関する本を数冊持っている程度で、専門的な勉強をしていない。

ギャップ:1年後に社労士の資格を取得するなら、もっと専門的な勉強をしなければならない。

目標:

①まずは専門的な勉強をするために、通信講座に申し込む。

②テキストが届いたら3か月目で半分、6か月目でテキスト全ての勉強を終わらせる。

③そして9か月目には過去問5年分全てを終わらせ、その後は3冊の問題集を繰り返し行い、試験に臨む。

  最初の一歩:今日の夜、インターネットで社労士の通信講座を調べて、申し込みを完了させる。

 

 【おわりに】

最後に自分のことを考えましょう!

 

あなたにとっての、「こうありたい」とか「こうあるべきだ」と思うことは、どのようなことでしょうか?

そしてその「ありたい姿」「あるべき姿」に、いつ到達したいですか?

 

それに対して、現状はどのような状況ですか。

あなたの「ありたい姿」「あるべき姿」と、現状とでは、どのようなギャップがありますか?

 

ギャップが見えたら、そのギャップを埋めるために、どのようなことに取り組まなければならないでしょうか?

あなたの「ありたい姿」「あるべき姿」に到達するために、いつまでに何をしておかなければならないでしょうか?

 

そして何から始めましょうか?

最初に踏み出す一歩を設定しましょう。

 

皆さんの、今後のご活躍をお祈りしております。

頑張りましょう!

 

 

お疲れ様でした!こちらでコーヒーブレイクを!!

極上コーヒーセレクション

【LOUANGE TOKYO】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

down

コメントする




自己紹介