「働く」ことを考える課

「働く」ことに悩んでいる人たちに、少しでも勇気や元気を持ってもらえるように、「働く」ことを前向きに、そして色々な視点で考えていきます。

仕事の結果に差が出る、たった一つの仕事の取り組み方とは?

time 2019/10/19

仕事の結果に差が出る、たった一つの仕事の取り組み方とは?
スポンサーリンク

【仕事の結果に差が出る、たった一つの仕事の取り組み方とは?】

【はじめに】

多くの人は、仕事と真剣に向き合って、真面目に仕事に取り組んでいます。

でも、同じように真面目に仕事に取り組んでも、人によって、結果は全く違ってきます。

そして、当然、この仕事の結果で、評価をされます。

仕事で結果を出せば、評価は上がりますし、仕事で結果を出せなければ、評価は下がります。

やはり、仕事では、結果を出したいものです。

では、同じように真面目に仕事に取り組んでも、どうして、人によって、仕事の結果に差が出るのでしょうか。

実は、たった一つの仕事の取り組み方が、仕事の結果に差を生み出しているのです。

今回は、その、仕事の結果に差の出る、たった一つの仕事の取り組み方について、考えていきます。

この機会に、是非、ご自身の仕事の取り組み方についても、振り返ってみましょう。

仕事の結果は「はじめる前」に決まっている マッキンゼーで学んだ段取りの技法

【たった一つの仕事の取り組み方】

では、たった一つの仕事の取り組み方とは、どのようなことなのでしょうか。

それは、「上司の指示通りに動くか、動かないか」です。

「上司の指示通りに動く」人は、ほぼ、仕事で結果を出せない人です。

逆に、「上司の指示通りに動かない」人は、ほぼ、仕事で結果を出している人です。

「いつ、どこでも求められる人」の仕事の流儀―――スキルとは「取り組み方」である (三笠書房 電子書籍)

【上司の指示は正しい?】

上司は、部下に、色々な指示を出します。

上司ですから、部下に、指示を出すのは当然です。

では、その指示の内容はいかがでしょうか。

上司も忙しいですから、十分に現場のことを理解できていませんし、お客様とも直接お話しができていません。

スポンサーリンク

また、上司も人間ですから、体調の悪い日もあれば、機嫌の悪い日もあります。

そういう上司が、限られた情報の中で、自分の経験や知識だけで判断して、指示を出すのです。

しかも、その日の体調や感情に、思考を左右されながら、指示を出すのです。

まさに、「KKD」での指示です。

「KKD」とは、「経験(Keiken)、勘(Kan)、度胸(Dokyou)の頭文字を取ったものです。

さらに、思い付きで指示を出す上司もいますし、最初から見当違いのことを言う上司もいます。

そういう上司が、出す指示は正しいのでしょうか。

なぜ若手社員は「指示待ち」を選ぶのか? 職場での成長を放棄する若者たち (PHPビジネス新書 376)

【仕事で結果を出せない人】

では、仕事で結果を出せない人の、仕事の取り組み方をみていきます。

【上司の指示通りに動く】

残念ながら、仕事で結果を出せない人は、上司の指示通りに動いています。

とても結果が出ないと思えるような、間違った上司の指示でも、疑うこともせず、一生懸命に上司の指示通りに動いているのです。

根が真面目な人であればあるほど、この傾向があります。

指示が間違っているのですから、指示通りに動けば動くほど、結果は悪くなっていきます。

本当にかわいそうですが、結果が出るわけがありません。

【上司の指示を待つ】

そして、仕事に結果の出ない人は、「報連相」スキルの高い方が多いです。

上司に「報連相」することで、上司の次の指示を待っているのです。

一見、「報連相」ができることは、良いことのように思えます。

上司受けもします。

しかし、「報連相」して、上司の指示を待つということは、自分で考えて、自分の責任で動くということが、できなくなってしまうことでもあるのです。

【自分で判断できない】

時代は、変化が激しくなってきています。

変化にあわせて、その場その場で、判断が求められることもたくさんあります。

しかし、上司の指示通り動く人は、上司の指示を待って動く人でもあり、自分で判断ができないのです。

自然に、仕事のスピードも落ちてきます。

そして、仕事で結果が出せなくなってしまうのです。

最高の上司は、何も教えない。自分も部下も結果がすぐ出るマネジメントの鉄則43

【仕事で結果を出している人】

逆に、仕事で結果を出している人の、仕事の取り組み方をみていきます。

【上司の指示通りに動かない】

仕事で結果を出している人は、上司の指示通りに動いていません。

しかし、上司と上手に付き合っています。

どういうことかと言いますと、上司の指示には素直に「ハイ」とか、「分かりました」などと、返事をしておいて、実際には、上司の指示通りに動いていないのです。

そして、きっちりと、結果の報告をしています。

結果が出ているのですから、上司はそれ以上のことを言いません。

これが、仕事で結果を出している人の、仕事の取り組み方です。

【「3C」の理解】

もう少し、上司の指示通りに動いていないことを、掘り下げて考えてみます。

上司の指示通りに動かずに、仕事で結果を出しているわけですから、結果を出すための動き方を知っています。

そして、結果を出す動き方をするために、お客様のことをよく理解しています。

また、競合他社のことをよく理解しています。

さらに、自社のことをよく理解しています。

これを「3C」と言います。

「3C」とは、「お客様(Customer)」、「競合他社(Competiter)」、「自社(Company)」の3つの頭文字を取ったものです。

この「3C」を十分に理解することが、結果を出すために必要なことなのです。

【自分で判断する】

そして「3C」を十分に理解できていますので、その場その場で、自分で判断することができます。

お客様のニーズに合わせて、競合他社にはない、自社の強みを、状況に合わせて提案することができます。

つまり、スピーディーに仕事を進めることができるようになり、仕事で結果も出せるようになるのです。

どんな会社でも結果を出せる! 最強の「仕事の型」

【上司の指示を乗り越える】

上司の指示通りに動いていないということは、決して、上司の指示を無視するということではありません。

上司の指示を乗り越えるということです。

そして、上司の指示を乗り越えるために、「3C」の理解が、十分にあるということです。

自分の頭で考えて動く部下の育て方 上司1年生の教科書

【ご自身を振り返りましょう】

仕事で結果を出す人になるために、まず、ご自身の「3C」の理解度を振り返りってみてくだい。

そして、その不足部分を埋めるために、色々と調べて確認し、お勉強をしましょう。

そして、上司の指示通りに動くのではなく、自らの判断で動けるようになり、仕事で結果を出せる人になりましょう。

「仕事ができるやつ」になる最短の道

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

down

コメントする




自己紹介

スポンサーリンク




Amazonへのリンク

Amazonでのお買い物はこちら!

楽天各サービスへのリンク

イチオシ大型企画!

旅行の予約はこちらから!

話題の本&雑誌の購入なら

人気ブランド500以上

常に人気上位の楽天カード



にほんブログ村

にほんブログ村参加中!!

↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

人気ブログランキング参加中!!!

↓↓↓


人材・教育ランキング