「働く」ことを考える課

「働く」ことに悩んでいる人たちに、少しでも勇気や元気を持ってもらえるように、「働く」ことを前向きに、そして色々な視点で考えていきます。

辛いことを乗り越えるきっかけとなった「日曜日よりの使者(THE HIGH-LOWS)」

time 2018/06/28

辛いことを乗り越えるきっかけとなった「日曜日よりの使者(THE HIGH-LOWS)」
スポンサーリンク

【辛いことを乗り越えるきっかけとなった「日曜日よりの使者(THE HIGH-LOWS)」】

 

日曜日よりの使者

【音楽は大きな力になる】

仕事でつまづいたとき、また悩んだとき、落ち込んだとき、辛かったとき・・・

色々な音楽が、私に勇気や元気を与えてくれました。 

色々な場面で、音楽が私を救ってくれました。

 

そんな私を救ってくれた音楽を思い出しながら・・・

今、仕事でつまづいている人、悩んでいる人たちと、その辛い気持ちを共有できればと考えました。

そして私を救ってくれた音楽が、その辛さを乗り越えるための、一つのきっかけとなればと考えました。

 

今回、ご紹介したいのは、THE HIGH-LOWSの「日曜日よりの使者」です。

 

心を動かす音の心理学 ― 行動を支配する音楽の力

【私の辛い思い出】

【営業マンが次々に退職・・】

私は、ある地方の支店の運営を任されていました。

その支店は、その規模の地方にしては、それなりの売上を稼ぎ、その地域からの信頼も得られていた支店でした。

また当時、新たな顧客層を確保するために、地域を巻き込んだ新たなプロジェクトにも、二つ取り組み始めました。

これから更に売り上げを拡大し、地域での信頼を揺るがないものにするぞ!と気合を入れていた矢先のことです。

当時5人の営業マンがいましたが、体調不良や突然の怪我、更には家庭の事情ということで、3人が次々と退職してしまいました。

「これは困ったぞ」と思いながら本社に相談しましたが、当時の経営者からも、人事部門の責任者からも

「今はタイミングが悪い」

スポンサーリンク

「人を回せないので、残っているメンバーで頑張って欲しい」

という指示でした。

ちなみに、1年後には、新卒や中途の採用、育休社員の復帰などが数人見込まれており、数名の配置が可能という見込みはありました。

【私も営業を兼任することに・・】

私は支店の責任者として、新たなプロジェクトの立ち上げに既に動いていましたので、そちらを兼任しながら、営業マンとして、営業も兼任することとしました。

支店全体を統括しながら、また営業マンとして約二人分の売り上げを持ち、更に新たなプロジェクトの立ち上げと運営を行うという、今考えても、相当に無理のある動きをしていました。

しかし、1年後には、人は補充されるということも信じており、この期間さえ乗り越えれば、人員はまた元の状態に戻るという意識もありました。

当時は、月200時間を優に超える時間外をこなしながら、激務をこなしていました。

支店長という立場でしたから、残業代は発生しません。

また、土日の勤務は申告しませんので、会社に申告していた時間外の時間数は、本当の時間数の半分以下でもありました。

 しかし、どんなに忙しくても、気持ちが前向きであれば、何でも乗り越えられると実感もしていました。

結構、自分なりには活き活きと仕事をしていたと思います。

【周りから聞こえてきた言葉・・】

そういう状況で、周りから聞こえてきた言葉です。

 【当時の経営者から・・】

支店長自身の時間外が多すぎる。

時間外が多いと言うことは自分の仕事の管理が出来ていないということ。

自分の仕事の管理が出来ない人に、部下の仕事の管理は出来ない。

当時の私の気持ち】

あんたが、今は人を回せないので、今の人員で頑張って欲しいと言ったから、今の人員で頑張っているんじゃないか。

今いるメンバーで割り振りしても、これが限界。

逆にこれ以上部下の仕事を増やすと、部下の時間外が増える。

それは出来ないので、私が実務も担当している。

新しいプロジェクトも、地域を巻き込んでいるので絶対にやめられない。

単純に仕事量が増えて、人が減ったから私の時間外が増えたのだ!

あんたが何も動かない、サポートしないのに、それを私の管理の問題で終わらせるな!!!

【人事部門の責任者から・・】

だったら、人を雇えばいいじゃないですか。

【当時の私の気持ち】

この状態で誰が教育するんだ。

それに1年後には人が補充される見込みでもあり、安易に人など採用出来ない。

勝手なことを言うな!!!

【本社の、ある部署で・・】

同時期に、本社の、ある部署でも同様に人が不足する事態が発生しました。

当時の経営者から、全社に指令が出ました。

「ある部署が、人員不足で困っている。他の部署や支店からも応援をお願いしたい。」

 【当時の私の気持ち】

・・・、愕然としました。

私の支店には、人員不足状態を我慢させておいて、それはないだろう!

自分の近くにいる社員は、日ごろから見ているので、困っていることが実感できるのだろう。

また近くにいる社員は可愛いのだろう。

私たち、あまり日ごろから接点のない、地方の支店は、仕事振りが見えないので、私たちがどれだけ困っているのか、全く分かっていないのだろう。

どうせ・・、あまり接点のない地方の支店は、どうでもいいんだろう。

どうせ・・、私たち地方の支店は、可愛くないんだろう。

当時の私は、「どうせ・・」という言葉をよく使うようになってしまいました。

※出世したいと思うのであれば、経営者から可愛がられたいと思うのであれば、出来るだけ本社近くの、また経営者の近くで、仕事をすることをお勧めします。

【同じ支店の内勤者から・・】 

私が、営業マンとして管轄している案件について、その内勤者に確認した後に、私がいないときに語っていた言葉が、聞こえてきました。

「個別の案件を見るのではなく、もっと支店全体を見てよ!」

【当時の私の気持ち】

今の私には、もちろん支店長という役割もあるが、営業マンという役割もある。

その営業マンの役割を果たそうとして、個別の案件の確認をしているのだ!

そもそも、支店メンバーの負担を増やさないように、支店長である私自身が、営業の実務を担当している。

それだけ負担を被っている私に言う言葉か!!!

【当時の私の状況】

正直、当時は社内の誰も信頼することが出来なくなり、本気で死んだ方が楽、とも思うようになりました。

知り合いの心療内科でも、夜、診察もしてもらいました。

 

CD付 音楽の力で脳トレ 自宅でカンタン 脳イキイキ音楽療法

【「日曜日よりの使者」が作られた経緯との出会い】

その時たまたま知ったのが、THE HIGH-LOWSの「日曜日よりの使者」が作られた経緯でした。

「日曜日よりの使者」は、作詞作曲した甲本ヒロトが自殺を考えるほど落ち込んでいたとき、日曜日のダウンタウンの番組を見て大笑いし、「なんだ、まだ俺、笑えるじゃん」と、自殺を思いとどまった事から作られた曲であるという話しを、たまたまインターネットで知ったのです。

【その時の私の気持ち】

テレビを見ても、本を読んでも、遊びに行っても、全くつまらない。

楽しめない。

笑えない。

けど、お客様の前ではまだ笑顔でいられる。

お客様のためには、どんなに辛くても、何とかお役に立ちたいという気持ちは、まだまだある。

このようにお客様に笑顔で接することのできる、またお客様への想いを持っている自分は、まだ大丈夫だ!

 

日曜日よりの使者の詩(うた)―甲本ヒロト全詞集

【当時の経験が私の成長につながる】

今でもこの「日曜日よりの使者」を時々聞きますし、口ずさみます。

そして苦しかった当時を思い出します。

また、その苦しかった当時を乗り越えたことも思い出します。

今考えると、その苦しかった当時が、自分を以下のように成長もさせたと思います。

・苦しい人の気持ちが分かるようになりました。

・困っている人に寄り添うことが出来るようになりました。

・苦しいことがあっても、乗り越えられるという自信が付き、ストレス耐性が高まりました。

・色々な問題に、落ち着いて対応できるようになりました。

・色々なことが、許せるようになりました。

 

「日曜日よりの使者」のおかげです。

甲本ヒロト様、ありがとうございました。

 

甲本ヒロト論 (TWJ books)

【日曜日よりの使者】

作詞・作曲 甲本ヒロト

このまま どこか遠く 連れてってくれないか
君は 君こそは 日曜日よりの使者

たとえば 世界中が どしゃ降りの雨だろうと
ゲラゲラ 笑える 日曜日よりの使者

きのうの夜に飲んだ グラスに飛び込んで
浮き輪を浮かべた 日曜日よりの使者

適当な嘘をついて その場を切り抜けて
誰一人 傷つけない 日曜日よりの使者

流れ星が たどり着いたのは
悲しみが沈む 西の空

そして東から昇ってくるものを
迎えに行くんだろ 日曜日よりの使者

たとえばこの街が 僕を欲しがっても
今すぐ出かけよう 日曜日よりの使者

Sha la la…

 

【You Tube】

 

 

日曜日よりの使者

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

down

コメントする




自己紹介

スポンサーリンク




Amazonへのリンク

Amazonでのお買い物はこちら!

楽天各サービスへのリンク

イチオシ大型企画!

旅行の予約はこちらから!

話題の本&雑誌の購入なら

人気ブランド500以上

常に人気上位の楽天カード



にほんブログ村

にほんブログ村参加中!!

↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

人気ブログランキング参加中!!!

↓↓↓


人材・教育ランキング