「働く」ことを考える課

「働く」ことに悩んでいる人たちに、少しでも勇気や元気を持ってもらえるように、「働く」ことを前向きに、そして色々な視点で考えていきます。

リーダーに必要な「ハードスキル」と「ソフトスキル」

time 2018/08/22

リーダーに必要な「ハードスキル」と「ソフトスキル」
スポンサーリンク

【リーダーに必要な「ハードスキル」と「ソフトスキル」】 

 

【「スキル」とは】

「スキル」という言葉を、よく聞くと思います。

「スキル」とは、学んだりトレーニングをしたりして、身に付いた「能力」のことです。

日本語では「技能」とも呼ばれます。

そして「スキル」には、色々な「スキル」があります。

コミュニケーションスキル、ビジネススキル、パソコンスキルなど、スキルには色々な種類があります。

 

ビジネススキル大全―――2時間で学ぶ「成果を生み出す」全技術

【「ハードスキル」と「ソフトスキル」】

今回は、この色々なスキルを、「ハードスキル」と、「ソフトスキル」の視点から、考えてみたいと思います。

【「ハードスキル」とは】

「ハードスキル」とは、体系だった知識のことです。

例えば、経済学、統計学、会計、財務、数学、法律、コンピュータのプログラミングなどです。

これらは、理論や手法、ツールなどを使って、答えのあるものに正解を出すことが求められます。

日本の学校教育では、この「ハードスキル」中心の教育になっています。

そして学校では、答えのあるものに正解を出すことで、評価をされます。

つまり学校では、「ハードスキル」を高める努力をし、テストで良い点数を取ることが求められます。

また、「ハードスキル」は、形式化された知識でもありますので、学校や講義、セミナーや本などで習得することが可能です。

【ソフトスキル」とは】

一方、「ソフトスキル」とは、ヒューマンスキルのことです。

例えば、コミュニケーションやファシリテーション、リーダーシップ、交渉などです。

これらは、理論や手法、ツールなどもありますが、正解は無く、答えの無いものに対して、答えを導き出すことが求められます。

そしてビジネスでは、「ハードスキル」だけでなく、この「ソフトスキル」が必要になってきます。

スポンサーリンク

つまりビジネスでは、正解の無いものに対して、どのような答えを出すのか、つまりどのような結果を出すのかで、評価をされます。

また、「ソフトスキル」は、形式化されにくく、講義や本など学ぶことは出来ますが、それだけでは、なかなか習得できないものです。

 

一流の学び方―知識&スキルを最速で身につけ稼ぎにつなげる大人の勉強法

【リーダーに必要な両方のスキル】

そしてリーダーには、これらの「ハードスキル」と「ソフトスキル」の両方が必要です。

【「ハードスキル」は高いが「ソフトスキル」は低いリーダー】

このようなリーダーには、以下のような傾向を感じます。

×経験や知識は豊富で、言っていることは正論、でも何故か腹が立つ

×常に上から目線で、態度が横柄

×社内だけでなく、お客様の前でも同じような態度なので、失礼だし、同行してもらうと恥をかく

×失敗は部下のせいにして、成果は自分のものにする

【「ソフトスキル」は高いが「ハードスキル」は低いリーダー】

このようなリーダーには、以下のような傾向を感じます。

×いい人だけど、社会的な知識が低いので、仕事上の信頼がおけない

×上司や同僚からはかわいがられているが、部下や後輩からはバカにされている

×言っていることに説得力がない

×お客様に、間違ったことを言うので、後からの修正が大変

【「ハードスキル」と「ソフトスキル」をバランスよく】

リーダーは、「ハードスキル」と「ソフトスキル」のどちらかに偏重してしまうと、部下からの信頼を得ることが出来ません。

知識も人間性も、ともに必要です。

つまり、「ハードスキル」と「ソフトスキル」を、バランスよく持っておくことが必要です。

 

ダークサイド・スキル 本当に戦えるリーダーになる7つの裏技

【「ハードスキル」の高め方】

これは、勉強しかありません。

様々な講座を受講する、本を読む、通信教育を受けるなど、日々勉強を積み重ねていきましょう。

リーダーは、日々の業務が、大変に忙しいかと思いますが、勉強する時間は、意識して取っておきたいものです。

 

プロフェッショナル・リーダー  難局を突破する「9つのスキル」

【「ソフトスキル」の高め方】

【「ソフトスキル」の中で一番重要なスキル】

「ソフトスキル」の中で、一番重要なスキルは「コミュニケーションスキル」であると、私は考えます。

「コミュニケーションスキル」が土台にあって、そしてそれ以外の「ソフトスキル」が備わり、高まっていきます。

そして、「コミュニケーションスキル」の中で、一番重要なスキルは、「相手の気持ちを理解するスキル」であると、私は考えます。

相手の気持ちを理解した対応をすることが出来て、相手との「コミュニケーション」が更に深まっていきます。

特にリーダーは、この「相手の気持ちを理解するスキル」がなければ、部下からの信頼は得られません。

【「相手の気持ちを理解するスキル」の高め方】 

相手の気持ちを理解するためには、相手に気持ちよく話してもらう必要があります。

そして、気持ちよく話す相手の話しを、丁寧に聞いて、正しく理解する必要があります。

実は、「相手の気持ちを理解するスキル」を高めるために必要なことは、基本的なことなのです。

しかし、リーダーなど、上の立場になってしまうと、これがおろそかになりがちで、本当に常に意識し、注意をしておきたいことです。

具体的には、

  • 挨拶をする
  • 返事をする
  • 相手の目を見る
  • 笑顔で話しを聞く
  • 話しを最後まで聞く
  • うなずく
  • 共感する
  • 話しを復唱する
  • 話しを要約する

などです。

本当に、「コミュニケーション」の基本の部分です。  

【日ごろの「コミュニケーション」を振り返ろう】

リーダーの皆さん、改めて日ごろの、ご自身の「コミュニケーション」の取り方を、振り返ってみましょう。

日ごろから、相手の気持ちを理解しようとしていますか?

相手の話しを丁寧に聞いていますか?

自分から一方的に話していませんか?

一方的な指示を出してはいませんか?

 

日ごろの、基本的なコミュニケーションの取り方を、意識し、注意をすることで、「コミュニケーションスキル」の向上につながります。

そして、「コミュニケーションスキル」の向上は、「ソフトスキル」全体の向上につながります。

 

タイプがわかればうまくいく! コミュニケーションスキル

【おわりに】

リーダーには、「ハードスキル」と「ソフトスキル」の、両方を向上させる努力が求められます。

そして、「ハードスキル」と「ソフトスキル」の向上は、部下からの信頼につながります。

部下から信頼を得られると、仕事の成果につながっていきます。

 

リーダーは、仕事の成果を出すために、「ハードスキル」と「ソフトスキル」の両方を、意識しておきましょう。

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

down

コメントする




自己紹介

スポンサーリンク




Amazonへのリンク

Amazonでのお買い物はこちら!

楽天各サービスへのリンク

イチオシ大型企画!

旅行の予約はこちらから!

話題の本&雑誌の購入なら

人気ブランド500以上

常に人気上位の楽天カード



にほんブログ村

にほんブログ村参加中!!

↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

人気ブログランキング参加中!!!

↓↓↓


人材・教育ランキング