「働く」ことを考える課

「働く」ことに悩んでいる人たちに、少しでも勇気や元気を持ってもらえるように、「働く」ことを前向きに、そして色々な視点で考えていきます。

親子関係から、リーダーとして必要な心構えを考える

time 2017/12/13

親子関係から、リーダーとして必要な心構えを考える

【親子関係から、リーダーとして必要な心構えを考える】

  

私は、上司と部下との関係は、親子関係とよく似ていると思っています。

今回は、親子関係を紐解きながら、上司と部下との関係について考えていきます。

そしてリーダーとして、必要な心構えを考えます。

是非、皆さんも一緒に考えましょう。

 

【子供に大切な親からの愛情】

親から愛情を受けた子供は、親という大きな存在をバックボーンにして、安心して生活をすることが出来ます。

何か困ったことがあったら、親を頼れるからです。

ここに親子の基本的な信頼関係が成立しています。

しかし親からの愛情が不足している子供は、親という存在をバックボーンに持つことが出来ず、不安や寂しさを感じながら生活をしています。

何か困ったことがあっても、親を頼ることが出来ません。

ここには親子の信頼関係が、残念ながら成立していません。

 

子供が安心した生活を送るためには、親からの愛情は非常に大切なことなのです。

 

 

※親子関係 参考になる本

親が与えている愛 子どもが求めている愛 (青春文庫)

ちいさなあなたへ (主婦の友はじめてブックシリーズ)

 

 

【親の心子知らず】

しかし「親の心子知らず」ということわざがあるように、親が精一杯の愛情を注いだとしても、子供は勝手気ままに行動します。

自分が親にならないと、親の気持ちは分からないものなのです。

そして自分が親になったときに、初めて親の苦労を知り、親への感謝の気持ちが膨らんでくるものなのです。

 

【部下に大切な上司からの愛情】

この親と子供の関係性を、上司と部下との関係性で考えてみます。

 

上司から愛情を受けた部下は、上司という大きな存在をバックボーンに、安心して仕事をすることが出来ます。

安心して仕事が出来るので、伸び伸び仕事をすることができ、新しいことにもチャレンジしやすくもなります。

このような環境で育つ部下は、自立も早く、自分の成長につながりやすいです。

ここに上司と部下との信頼関係が生まれます。

 

逆に上司からの愛情が不足している部下は、上司という存在をバックボーンに持つことが出来ず、不安を感じながら仕事をすることになります。

「上司は守ってくれない」「上司にいつも反対される」「上司から嫌われている」という不安を感じながらの仕事です。

このような不安の中では、失敗をしないような、決まったことを決まったように、仕事の幅を広げないような、そんな仕事になっていきます。

また困ったことがあったとしても、出来るだけ上司には相談しないようにしようと、考えてしまいます。

ここには、上司と部下との信頼関係は全く存在しません。

 

やはり部下が良い仕事をするためにも、部下が成長するためにも、上司からの愛情というのは、非常に大切なことなのです。

 

 

※上司と部下の関係 参考になる本

部下が自分で考えて動き出す 上司のすごいひと言

上司はなぜ部下が辞めるまで気づかないのか? (Nanaブックス)

 

 

 

【上司の心部下知らず】

しかし、上司が精一杯、部下に愛情を注いだとしても、部下がその上司の愛情を実感するのは、自分が上司という立場になってからです。

そして上司という立場に立って初めて、上司の苦労を知り、以前の上司に感謝するのです。

まさに「上司の心部下知らず」です。

 

ですので、上司は部下からの感謝を期待してはいけません。

 

 【親として上司として必要な「無償の愛」】

では、大切な愛情とはどのような愛情なのでしょうか。

それは「無償の愛」です。

「無償の愛」とは、自分の意思でこの人を愛すると決めたもので、決して見返りを求める愛情ではありません。

親は、誰かに自分の子供を愛しなさいと言われて愛するのではなく、親自身の意思で子供を愛しています。

そして健全な親であれば、決して子供に見返りを求めることはありません。

 

逆に子供を愛せない親は、自分の意思で愛さないのです。

そしてもしかしたら、子供を愛さない親ほど、子供に見返りを求めているのかも知れません。

不健全な親の姿です。

 

上司も、自分の部下を自分の意思で愛するものなのです。

そして「無償の愛」ですから、決して部下からの見返りを求めてはいけません。

この、部下を自分の意思で愛するということは、健全な上司として非常に重要なことです。

 

【まとめ】

親と子供の関係性から、上司と部下の関係性を考えてきました。

 

リーダーとしての心構えとして、「無償の愛」がキーワードになりそうです。

「自分の意思で、見返りを求めず、無条件に部下を愛する」こと、このことがリーダーに求められる心構えとして、心にしっかりと刻んでおきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

down

コメントする




自己紹介