「働く」ことを考える課

「働く」ことに悩んでいる人たちに、少しでも勇気や元気を持ってもらえるように、「働く」ことを前向きに、そして色々な視点で考えていきます。

人材育成はリーダーにとって、非常に大きな仕事です

time 2017/11/23

人材育成はリーダーにとって、非常に大きな仕事です

「人材育成はリーダーにとって、非常に大きなウェイトを占める仕事です」

 

人材育成について悩まれているリーダーは、本当に多いです。

しかし人材育成は、リーダーにとって、非常に大きなウェイトを占める仕事でもあります。

今回は、このリーダーとしての人材育成について、考えてみます。

是非一緒に、自分の人材育成について、振り返ってみましょう。

 

【リーダーの部下に対する不満】

「部下が言うことを聞かない」

「部下が思うように動かない」

「部下の仕事のレベルが低い」

 

など、リーダーの、部下に対する不満の声が良く聞こえてきます。

お気持ちはよく理解出来ます。

 

しかしこれは、このようにも聞こえます。 

 

「部下に言うことを聞かせられない」

「部下を思うように動かせられない」

「部下の仕事のレベルを上げられない」

 

つまりリーダーが部下に対して不満を言うということは、リーダー自身の人材育成能力の低さを、自らアピールしているとも聞こえてしまいます。

 

そしてこれは、このように考えているようにも捉えられます。

 

「部下は言うことを聞いてくれるだろう」

「部下は思うように動いてくれるだろう」

「部下は仕事のレベルを上げてくれるだろう」

 

これらは全て、リーダーが部下を育成しないで、自分勝手に部下に対して、根拠もなく期待をしているということの、裏返しと捉えられてしまいます。

そして、上司と部下という関係性だけで、部下は上司の言うことを聞いたり、思うように動いたりするという、リーダーの勝手な思い込みです。

 

 【人は自分の意志のみで動く】

人は自分の意志のみで動くのです。

また人には、人それぞれの意志があるのです。

そして意志とは、自分が納得し、自分の想いが強くなって生まれるものです。

 

ですので、

リーダーからただ言われただけで、言うことを聞かなくて当然です。そして思うように動かなくて当然です。

また自分が納得しない状態で、仕事のレベルが上がらなくて当然です。

 

 【人材育成の考え方】

そこでリーダーとして、部下に対する考え方の大前提を変える必要があります。

 

単に上司と部下の関係性だけでは、部下は言うことを聞きませんし、思うように動きませんし、仕事のレベルも上がりません。

 

この大前提に立って、部下と接していくことを考えていきましょう。

これが人材育成の基本です。

そしてそこから人材育成を考えていくと、色々な知恵が生まれます。

 

「部下とお互いに合意して仕事を進められるように、毎日部下と対話し、部下の考えを確認してから判断しよう」

「出来るだけ部下と一緒に動きながら、部下の意向も尊重しながら指示を出そう」

「部下に成長を実感してもらうために、毎月の目標をお互いが納得できる内容で決めて、達成度を毎月お互いに確認していこう」

 

このように大前提が変われば、リーダーの考えも行動も変わってきます。

そしてこの考えや行動が、リーダー自身の人材育成のノウハウとなっていきます。

 

【人材育成は地道な活動】

人材育成は、例えればお風呂に入るようなものでもあります。

私たちは毎日お風呂に入り、汗や汚れを流してサッパリしますが、次の日はまた汗をかき、汚れます。

またお風呂が必要になります。

毎日その繰り返しです。

 

人材育成も、昨日行ったことや言ったことを、今日も行ったり言ったりしなければ徹底出来ません。

そして今日行ったことや言ったことは、明日も行ったり言ったりしなければ徹底出来ません。

毎日その繰り返しです。

 

人材育成は、本当に地道で継続的な活動なのです。

リーダーには、その覚悟が求められています。 

 

【人材育成はリーダーの大きな仕事】

リーダーは忙しいです。

しかし忙しい中でも、人材育成はリーダーの大きな仕事です。

忙しい中でも、育成の時間をしっかり取って、部下と向き合っていきましょう。

そして、たゆまず、あきらめず、根気強く取り組んでいいきましょう。

 

リーダーの皆さん、頑張りましょう!

 

【人材育成についての学びを深めよう】

人材育成はリーダーの大きな仕事です。

リーダーの皆さん、是非、人材育成についての学びを深めましょう。

色々な本を読んで、疑似体験を積んで、経験値を高めましょう。

 

人材育成ハンドブック――いま知っておくべき100のテーマ

企業内人材育成入門

「日本で最も人材を育成する会社」のテキスト (光文社新書)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

down

コメントする




自己紹介