「働く」ことを考える課

「働く」ことに悩んでいる人たちに、少しでも勇気や元気を持ってもらえるように、「働く」ことを前向きに、そして色々な視点で考えていきます。

仕事はパートナーしだい 「地頭」の良いパートナーと良い仕事を!

time 2020/04/29

仕事はパートナーしだい 「地頭」の良いパートナーと良い仕事を!
スポンサーリンク

【仕事はパートナーしだい 「地頭」の良いパートナーと良い仕事を!】

【仕事はパートナーしだい】

仕事は、パートナーによって、進み方も出来栄えも、全く変わってきます。

良いパートナーと一緒に仕事をすると、ストレスなく、本当にスムーズに仕事が進み、そして出来栄えも非常に良いものになります。

逆に、悪いパートナーと仕事をすると、ストレスは溜まりますし、仕事は進みませんし、良い結果にもつながりません。

パートナーを間違えると、本当に厄介なことになります。

今回は、この仕事のパートナーを選ぶときのポイントについて考えます。

10億ドルを自力で稼いだ人は何を考え、どう行動し、誰と仕事をしているのか

【パートナー選びのポイント「地頭」】

仕事のパートナーを選ぶときに必要なポイントは、その人の「地頭」の良さです。

ここで考える「地頭」とは、そのままの髪の頭という意味ではなくて、教育では与えられない、その人本来の、生まれ持った頭の良さのことです。

つまり、生まれ持って論理的思考やコミュニケーション能力など、教育ではなかなか身に付かない能力を持っている人が、「地頭」の良い人という意味です。

入門『地頭力を鍛える』 32のキーワードで学ぶ思考法

【「地頭」と話しの長さは比例】

では、「地頭」の良さを見極めるポイントはどこでしょうか。

それは、その人の話しの長さです。

色々な人と話しをする機会がありますが、話しの長さと「地頭」の良し悪しは比例をしています。

つまり、話しの短い人は、「地頭」が良く、話しの長い人は「地頭」が悪いということです。

「地頭」の良い人は、要点を端的にお話しし、すごく話しが分かりやすく、すぐに話しが終わります。

当然、そのような人との仕事は、スムーズにすすみます。

逆に「地頭」の悪い人は、ダラダラと同じ話しを何度も繰り返したり、話しが脱線したりして、話しが分かりにくく、本当に話しが長くなります。

このような人との仕事は、本当にやりにくいです。

地頭力を鍛える

スポンサーリンク

【学歴と「地頭」は比例しない】

私たちは、学歴の高い人を「頭」が良い人と思ってしまいます。

確かに、学歴の高い人は、勉強に関する「頭」は良いかも知れません。

しかし、「頭」の良い人が、「地頭」が良いとは限りません。

学歴と「地頭」は比例しないのです。

現役東大生が書いた 地頭を鍛えるフェルミ推定ノート――「6パターン・5ステップ」でどんな難問もスラスラ解ける!

【高学歴で「地頭」の悪い人】

実際に、高学歴で、話しの長い人がいます。

一生懸命、勉強をして、偏差値の高い大学に合格したのだと思います。

元々、「頭」が良かったのかも知れません。

しかし、このような人は、相手のことを全く考えられません。

相手が何を思おうと、相手がどんなに傷つこうと、自分の言いたいことを主張してきます。

ですので、話しは延々と長くなります。

これは、典型的な、高学歴で「地頭」の悪い人です。

“地頭”がいい人の問題解決力: ――年収1億稼ぐための基礎力 (「しくみで稼ぐ」シリーズ)

【高学歴で「地頭」の悪い人の傾向】

この、高学歴で「地頭」の悪い人の傾向を少し見てみましょう。

・高学歴が故に自信満々
・学歴をひけらかして、低学歴の人から反感を買う
・自分の考えに固執する
・全く相手の意見を聞かない
・自分の考えを変えない
・お客様であっても上から目線
・自分が納得できないことは許せない
・自分が問題を起こしても自分が悪いとは思わない

などです。

このような、高学歴で「地頭」の悪い人は、絶対に自分を反省しませんので、全く成長がありません。

成長しないので、変わらないのです。

つける薬もなければ、飲ませる薬もないのです。

非常に厄介な生き物なのです。

このような人と仕事をしていると、余計なことに時間が取られます。

できるだけ、このような人とは、関わらないようにしたいものです。

1日1問! 面白いほど地頭力がつく思考実験

【学歴関係なく「地頭」の良い人】

逆に、それほどの学歴ではなくても、話しが端的で、非常に分かりやすい人もいます。

また、このような人は、相手に合わせた話し方ができます。

相手の気持ちに共感しながらも、自分自身の意見も、しっかりと分かりやすく伝えています。

勉強の「頭」はそれほど良くなかったのかも知れません。

しかし、「地頭」が良いのでしょう。

このような人と仕事をすると、全くストレスなく、スムーズに仕事が進みます。

是非、このような人人たちと一緒に仕事をしたいものです。

「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!

【良いパートナーと良い仕事を】

話しの長さと「地頭」の良し悪しは比例します。

そして、仕事のパートナーと、仕事の結果も比例します。

仕事のパートナーは、話しの長さで、その人の「地頭」を判断しましょう。

決して、学歴で騙されてはいけません。

そして良いパートナーと一緒に、良い仕事につなげていきましょう。

「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

down

コメントする




自己紹介

スポンサーリンク




Amazonへのリンク

Amazonでのお買い物はこちら!

楽天各サービスへのリンク

イチオシ大型企画!

旅行の予約はこちらから!

話題の本&雑誌の購入なら

人気ブランド500以上

常に人気上位の楽天カード



にほんブログ村

にほんブログ村参加中!!

↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

人気ブログランキング参加中!!!

↓↓↓


人材・教育ランキング