「働く」ことを考える課

「働く」ことに悩んでいる人たちに、少しでも勇気や元気を持ってもらえるように、「働く」ことを前向きに、そして色々な視点で考えていきます。

信頼され、慕われるリーダーの、「ぶれない心」を考える

time 2019/01/12

信頼され、慕われるリーダーの、「ぶれない心」を考える
スポンサーリンク

【信頼され、慕われるリーダーの、「ぶれない心」を考える】

【信頼されず、慕われないリーダー】

言っていることが、よく変わるリーダーがいます。

このようなリーダーは、自分の考えがまとまっておらず、その時々で、思い付きのことを言っているのです。

残念ながら、このようなリーダーは、部下に信頼されず、慕われもしないのです。

人生が好転する ブレない心を育てるコツ (100万人の教科書シリーズ)

【信頼され、慕われるリーダー】

逆に、部下から信頼され、慕われるリーダーには、周りから、何を言われても、「ぶれない心」があります。

いつも、言っていることに一貫性があるのです。

そして、このように、「ぶれない心」のあるリーダーの言っていることは、説得力もあり、安心もできます。

これまでに、色々なリーダーを見てきて、リーダーに必要な心構えとして、やはり、周りから何を言われても「ぶれない心」を持っておく、ということが必要なのだろうと感じます。

「動じない心」をつくる85の言葉

【「ぶれない心」が「ぶれない組織」に】

また、「ぶれない心」を持ったリーダーの部下は、

「あのリーダーだったら、こう言うだろう、だからこうしよう」

「あのリーダーだったら、こう考えるだろう、だからこうしよう」

「あのリーダーだったら、こう動くだろう、だからこうしよう」

と、リーダーの「ぶれない心」から、自分たちの仕事のやり方を決めているのです。

つまり、リーダーの「ぶれない心」は、部下にも伝染し、組織全体が、「ぶれない組織」となっているのです。

さらに、その組織は、メンバーが一丸となって、同じ方向を向いていますので、成果につながりやすい組織に、なっていくのです。

このような状況を見ていると、組織での、リーダーの影響力の大きさというものを、本当に強く感じます。

心が折れない働き方 (青春新書インテリジェンス)

【事例から考える「ぶれない心」】

今回は、このリーダーの「ぶれない心」を、色々なリーダーの事例から、考えてみます。

スポンサーリンク

【事業方針を活用するリーダー】

あるリーダーは、毎年、新しい期の始まりに合わせて、立派な事業方針を作り、事業方針発表会を行って、全社員に事業方針を説明しています。

そして、その後は、毎日の朝礼で、事業方針の読み合わせを行い、各社員に、方針に対する意見を求めています。

そうすることで、社員は、事業方針のことを、真剣に考えますし、自分の仕事が、事業方針に合っているかどうかを、毎朝、確認することが出来るのです。

さらに、営業活動においても、クレームが発生したときも、全社員が、この事業方針に立ち戻り、方針に則ると、どのように行動をするべきか、どのような対応をするべきか、などを考え、判断しています。

つまり、この毎期の事業方針は、全社員の、仕事を行う中での、全ての価値基準であり、判断基準となっているのです。

まさに、この毎期の事業方針は、リーダーの「ぶれない心」そのものなのです。

【ぶれまくるリーダー】

別の、あるリーダーは、口では良いことを言っています。

その口で言っている、良いことだけを聞いていると、そのリーダーのことを、素晴らしいリーダーであると錯覚します。

しかし、残念ながら、部下は、そのリーダーの言っていることを、右から左へ、聞き流しています。

それは、そのリーダー自身が、自分が言っていることを、自分が守っていないのです。

つまり、リーダーが、自分で作った方針や規則を、リーダー自身が守っていないのです。

思いっきり、リーダーの心が、ぶれまくっているのです。

それなのに、自分のことは棚に上げて、部下に対して、厳しく追及しているのです。

それでは、部下は、当然、ついていきません。

リーダーは、自分が言ったことは、自分が守ることは、絶対に必要です。

まずは、自分に厳しく、そして自分を律するということは、リーダーとしての絶対条件です。

そして、それが「ぶれない心」につながっていくのです。

【部下の話しをよく聞くリーダー】

また別の、あるリーダーは、部下から、何を言われても、必ず、受け入れます。

とにかく、部下の話しを、よく聞くのです。

ですので、部下は、そのリーダーに、ざっくばらんに、色々なことを言っています。

しかし、よく聞くからと言って、また、ざっくばらんに言えるからと言って、そのリーダーは、部下の言っていることの全てを、認めているわけではありません。

時には、部下の言っていることを、厳しく否定することさえあります。

この、部下の話しをよく聞くリーダーも、しっかりとした「ぶれない心」を持っているのです。

そして、このように、部下の話しをよく聞きながらも、「ぶれない心」で判断して、部下の指導をするということは、部下にとっても安心するようです。

また、部下も、自分が言いたいことを言っているので、スッキリした状態となり、リーダーの言っていることも、素直に聞けるようです。

このように、「ぶれない心」を持ちながら、部下の話しをよく聞く、ということも、リーダーにとって、非常に重要なことだと感じます。

【いつも悩んでいるリーダー】

そのまた別の、あるリーダーは、真面目に仕事をしているのですが、いつも悩んでいます。

そして、部下への指示も、悩みがそのまま出ていて、よく指示が変わります。

このようなリーダーは、「ぶれない心」を持つ以前の問題です。

このようなリーダーは、問題解決能力が、著しく劣っているのです。

そして、私個人的には、このようなリーダーは、リーダーとしての資質に欠けていると思っています。

つまり、リーダーとしては、残念ながら、不適格であり、このような人は、リーダーになってはいけないのです。

ブレない・折れない・曲がらない「心の軸」のつくりかた

【あなたの「ぶれない心」は?】

さて、あなたは、どのような「ぶれない心」を持っているでしょうか。

それとも、「ぶれまくり」でしょうか。

この機会に、「ぶれない心」を持つことの大切さと、自分自身の「ぶれない心」を振り返ってみましょう。

心の羅針盤をつくる: 絶対ブレない 決して折れない 「徒然草」兼好が教える人生の流儀

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

down

コメントする




自己紹介

スポンサーリンク




Amazonへのリンク

Amazonでのお買い物はこちら!

楽天各サービスへのリンク

イチオシ大型企画!

旅行の予約はこちらから!

話題の本&雑誌の購入なら

人気ブランド500以上

常に人気上位の楽天カード



にほんブログ村

にほんブログ村参加中!!

↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

人気ブログランキング参加中!!!

↓↓↓


人材・教育ランキング