「働く」ことを考える課

「働く」ことに悩んでいる人たちに、少しでも勇気や元気を持ってもらえるように、「働く」ことを前向きに、そして色々な視点で考えていきます。

感性を鍛えるために、リーダーは感動しましょう!

time 2018/02/08

感性を鍛えるために、リーダーは感動しましょう!
スポンサーリンク

 

 

【感性を鍛えるために、リーダーは感動しましょう!】

 

【まずは知性について考える】

リーダーの資質として、まず知性が求められます。

知性とは、物事を知り、考え、判断する能力のことです。

知性が豊かな人には、知恵やアイデアが生まれやすく、知性はリーダーの資質として、土台となる能力です。

ただし知性とは、法律的な善悪や数学的な計算など、答えが明確な判断に必要な能力です。

つまり知性とは、頭で考える能力とも言え、人の心や気持ち、感情などを理解することまでは、なかなか出来ません。

 

【そして感性について考える】

人は好き嫌いや喜怒哀楽で物事を判断することが、実は多いのです。

 

自分のことを振り返ってみてください。

洋服を買うとき、自分の好みで買わないでしょうか。

料理を頼むとき、好きな食べ物を頼まないでしょうか。

 

これは全て感性で判断していることです。

感性とは喜怒哀楽のことであり、物事を心で感じる力のことです。

そしてこの感性は人間特有のものとも考えられます。

 

インターネットの普及や、これから更にAIやロボットが進化するに従って、知性はコンピューターに置き換わっていきます。

AIが色々な判断をしたり、ロボットが接客や販売をしたりする世の中になってきています。

つまり知性だけで生きていける世の中は、終わりを告げようとしています。

このことをリーダーは、しっかりと把握しておく必要があります。

スポンサーリンク

 

これからの時代に、リーダーに求められるのは感性です。

土台に知性は必要ですが、更にその上に感性が育っているリーダーが、世の中には求められています。

 

知性を頼りにする仕事は、コンピューターに置き換わります。

人間特有の能力である感性が必要な仕事が、人の仕事として残るようになります。

これからの時代、リーダーは感性を育て、人の心や気持ち、感情などを理解できることが必要となってきます。

 

そして今回は、その感性の大切さと、感性の鍛え方について考えてみたいと思います。

 

※知性、感性、そして霊性について、牟田學氏が教えてくれています。
打つ手は無限 ~変貌する社長業

【喜怒哀楽について考える】

さてあなたには、喜怒哀楽の感情が素直に沸き立ってきているでしょうか。

【嬉しい感情】

人から親切にされたときに、嬉しい気持ちを素直に伝えられていますでしょうか。

子供の成長や部下の成長を、嬉しく感じられていますでしょうか。

怒りの感情】

人から色々と嫌なことを言われたり、やられたりすることがあると思います。

その時に、しっかりと怒りの感情は湧いてくるでしょうか。

しらけた気持ちになってしまわないでしょうか。

哀しい感情】

親友の親が亡くなられたときに、一緒に泣けるでしょうか。

辛い思いをしている部下に対して、寄り添ってあげられるでしょうか。

【楽しい感情】

同僚と飲みに行ったときに、心から楽しめるでしょうか。

家族で遊びに出かけたときに、心から楽しめるでしょうか。

 

【感性を鍛えるために感動しましょう】

感性を鍛えるために、感動を実感しましょう。

YouTubeに感動的な動画があります。

いくつか、私が感動した動画をご紹介します。

 

娘の結婚式でのお父さん

https://www.youtube.com/watch?v=LQe7S3eM_wQ

  

高校生とコラボした平野ノラ

https://www.youtube.com/watch?v=QGJU2x0AZ8w

 

甲子園を裏で支える高校生

https://www.youtube.com/watch?v=uE0DQtmXrlM

https://www.youtube.com/watch?v=USMvNrPA7zU

  

親子って・・、家族って・・

https://www.youtube.com/watch?v=xBB8QV0-je8

https://www.youtube.com/watch?v=DiCaegTcdgU

  

鉄拳のパラパラ漫画

https://www.youtube.com/watch?v=03rGDbMcXdw

https://www.youtube.com/watch?v=DiCaegTcdgU

 

さて、あなたはこのような動画を見て、感動しましたでしょうか。

涙を流すことが出来ましたでしょうか。

 

感動のポイントは人それぞれですが、自分の感じるポイントで構わないので、是非感動を実感していきましょう。

それが感性を鍛えることにつながります。

 

学校では教えてくれない大切なこと 21 感性の育て方~センスをみがく~

【感性が鍛えられると・・・】 

感性が鍛えられると、人が何故悩んでいるのか、何に悲しんでいるのか、何が楽しいのかが分かり、一緒に考えてあげられます。

部下の悩みが分かるようになります。

お客様のお困りのことに気付くことが出来るようになります。

そしてその感性をリーダーが持っていると、部下の感性も自然と育ちます。

リーダーにも、部下にも、感性が育っている組織であれば、お客様の心ともつながっていきます。

お客様の心とつながれば、当然仕事も増えていきます。

仕事が増えていくと、比例して仕事の幅は広がり、仕事の質も高まります。

そして、売上や利益につながっていきます。

 

まずリーダー自らが、自分の感性を鍛えることを考えて、実行していきましょう。

いまこそ、感性は力

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

down

コメントする




自己紹介

スポンサーリンク




Amazonへのリンク

Amazonでのお買い物はこちら!

楽天各サービスへのリンク

イチオシ大型企画!

旅行の予約はこちらから!

話題の本&雑誌の購入なら

人気ブランド500以上

常に人気上位の楽天カード



にほんブログ村

にほんブログ村参加中!!

↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

人気ブログランキング参加中!!!

↓↓↓


人材・教育ランキング