「働く」ことを考える課

「働く」ことに悩んでいる人たちに、少しでも勇気や元気を持ってもらえるように、「働く」ことを前向きに、そして色々な視点で考えていきます。

星野仙一さんの生涯から、人生や仕事について考える

time 2018/01/06

星野仙一さんの生涯から、人生や仕事について考える

【星野仙一さんの生涯から、人生や仕事について考える】

 

中日ドラゴンズのエースとして活躍し、引退後は中日、阪神、楽天の監督を歴任された星野仙一さんが、平成30年が幕を開けたばかりの1月4日に、お亡くなりになられました。

70歳でした。

最近まで元気なお姿を拝見していましたし、まだまだお若いのに、本当に残念です。

 

私は星野さんの男意気が大好きでした。

そしてグラウンドの上では厳しくとも、グラウンド以外の場では本当に優しい表情になる、メリハリの利いている星野さんが大好きでした。

 

今回は、「燃える男」「巨人キラー」「闘将」などと呼ばれた星野仙一さんの生涯をから、私たちの人生や仕事への学びをいただき、星野仙一さんをお見送りしたいと思います。

 

 

改訂版 星野流

 

 

 【星野仙一さんの生涯】

星野さんは、岡山の倉敷商業から明治大学に進学し、明治大学では主将でエースとして大活躍をしました。

そして1968年のドラフトでは、巨人と「(阪神に入団した)田淵を他の球団が指名したら、君を1位指名する。」と、口約束を交わしていました。

しかし田淵を逃した巨人が指名したのは島野修でした。

星野さんは巨人から裏切られたのです。

星野さんの性格ですから、相当に悔しく辛い思いをされたことと思います。

そのドラフトでは、中日が星野さんを1位指名し、星野さんは中日に入団しました。

そしてここから、星野さんの「打倒巨人」の野球人生が始まりました。

裏切られた巨人を打ち負かす、これが星野さんの原動力になったようです。

そして「打倒巨人」は、野球をやること自体の目的にもなっていたようです。

そのことを表すエピソードです。

星野さんが沢村賞を受賞した1974年、中日は巨人のV10を阻止して優勝しました。

その時の星野さんのコメントが「日本シリーズは邪魔。俺は巨人を倒したからいいんだ。」です。

星野さんにとって、日本シリーズは関係なかったのです。

本当に「打倒巨人」のために、星野さんは野球をやっていたのです。

そして「強い巨人に勝ちたいんや。」と、相手が強ければ強いほど「燃える男」でもありました。

 

監督になってからも、反骨精神を前面にチーム作りを行いました。

「俺は弱いチームを強くすることが好きなんだ。それが、男のロマンやないか。」と、低迷していた阪神をリーグ優勝に、弱小チームの楽天を日本一に導きました。

楽天の日本シリーズの相手が巨人だったのも、何か因縁を感じます。

 

そして楽天のリーグ優勝、そして日本一は、東日本大震災の被災地の皆さんに夢や希望を与えてくれました。

この時のことを思い出すと、今でも目頭が熱くなります。

星野監督、楽天の選手やコーチ、また楽天球団関係者の皆さん、本当にありがとうございました。

 

 

楽天イーグルス 星野仙一 メモリアル Tシャツ

 

 

【星野さんの生涯から学ぶ】

星野さんの生涯から、私たちの人生にとって、そして仕事にとって、学べることが本当に多いと思っています。

その中の一つとして、人生において、また仕事において、目的を強く持つことの大切さがあげられます。

何のために生きているのか、そして何のために働いているのか、という目的です。

 

この目的について、考えてみたいと思います。

 

星野さんの現役時代の目的は「打倒巨人」でした。

そしてこの「打倒巨人」という目的は、ドラフトで巨人から指名されなかった、辛く悔しい思いから生まれています。

 

目的というものは、人生の中の喜怒哀楽から生まれてくる、と説明している人もいます。

星野さんも、辛い、悔しいという、喜怒哀楽から生まれています。

 

身近な人でも、以下のような事例があります。

・震災にあって辛く悲しい思いをした人が、逆に震災では人から助けられ感謝し、そして今度は自分が人を助けたいと思って消防の仕事に就いた。

中学生のころ若くして父親を病気で亡くし、悲しい思いをした人が、絶対に人の病気を治したいと思って医者になった。

・小学生の夏休みに苦労しながらも一生懸命描いた絵が、県内で最優秀賞に選ばれ、それが嬉しくて美術関係の仕事を目指した。

など、これらは全て喜怒哀楽が、自分の人生のそして仕事の目的となっています。

 

そして星野さんは、「打倒巨人」という目的があまりに強すぎて、日本シリーズという大舞台ですら、星野さんの野球からは必要ないものとなりました。

 

私たちは人生の中で、どれだけ嬉しい思いをしたのか、どれだけ辛く悔しい思いをしたのかが、生きるための、そして仕事をするための目的となり、また頑張る原動力になっていきます。

目的を強く持つために、人生の中での喜怒哀楽を大切にしておきたいと思います。

 

 

迷ったときは、前に出ろ!

【喜怒哀楽を感じるためのチャレンジ】

 喜怒哀楽を感じるためには、やはり色々なチャレンジを、若いうちからすることが大切なことだと思います。

「若い時の苦労は買ってでもせよ」と言いますが、まさにその通りだと思います。

 いや、若いうちだけでなく、年を取っても大切ですね。

 

いくつになっても、新しいことへのチャレンジは大切です。

そしていくつになっても、喜怒哀楽の感情を大切にして、人生や仕事の目的をもっと強く持っておきたいと、星野さんの生涯から学びをいただき、考えさせられました。

 

皆さんも、星野さんの生涯から、改めて自分自身のことを振り返ってみませんか。

 

 

最後になりますが、星野仙一さんのご冥福をお祈り申し上げます。 

 

 

星野仙一闘将日記

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

down

コメントする




自己紹介