「働く」ことを考える課

「働く」ことに悩んでいる人たちに、少しでも勇気や元気を持ってもらえるように、「働く」ことを前向きに、そして色々な視点で考えていきます。

仕事での「悔しい」思い!それは成長につながる貴重なチャンス

time 2019/11/08

仕事での「悔しい」思い!それは成長につながる貴重なチャンス
スポンサーリンク

仕事での「悔しい」思い!それは成長につながる貴重なチャンス

【仕事での「悔しい」思い】

仕事では、色々なことで、何度も何度も「悔しい」思いをします。

「お客様から、理不尽なことで怒られた。」

・・・なんで、そんなことで怒れなければいけないんだ!

「上司から、正当な評価を受けない。」

・・・あんた、私の成果を自分の成果にしたな!!

「同期が、自分より早く出世した。」

・・・お前より、俺のほうが実績をあげているだろう!!!

などなど、仕事では、本当に色々な「悔しい」思いをします。

このような「悔しい」思いをしているときは、本当に辛いです。

でも、その「悔しい」思いを乗り越えられたときにこそ、自分の成長があるのです。

苦しかったときの話をしようか ビジネスマンの父が我が子のために書きためた「働くことの本質」

【事例から考える「悔しい」思い】

今回は、ある地方の会社の、ある女性社長の事例から、仕事で「悔しい」思いを乗り越えて、自分の成長につなげることを考えてみます。

少しでも、「悔しい」思いをされている方に、勇気や元気が与えられたらうれしく思います。

【男尊女卑の時代の女性社長】

その女性社長は、既に40年近くも会社を存続させており、業績も好調を続けています。

この段階では令和元年ですから、創業が40年近く前と言いますと、まだ昭和の時代です。

まだ男女雇用機会均等法が施行される前です。

まだまだ男尊女卑の考えが残り、女性がバリバリ働き続けることに、周りの理解が得にくい時代でもありました。

そのような時代に、その女性社長は、自分の強い想いから、創業社長として、会社を立ち上げました。

その会社は、本当にその女性社長の、強い想いだけで立ち上がったのです。

スポンサーリンク

 【男性どもからの「悔しい」思い】

立ち上げ当初は名から事業を始めました。

それも女性ばかりです。

その女性3名が、営業活動を始めると、

「女性に何が出来る」

「おとなしく家庭に入ったら」

「女性ばかりの会社なんて信用できない」

など、営業先の男性どもから、汚い言葉などを毎日のように浴びせられました。

当時は、女性というだけで、女性が頑張るだけで、男性どもは、こんな言葉を発していたんですね。

女性3名の皆さんは、本当に「悔しい」思いをしたようです。

女性社長が、男性嫌いにまでなったかどうかまでは分かりませんが、この「悔しい」思いから、

「女性だけで頑張ってやろう」

という強い気持ちが芽生えたようです。

実際に創業15年ほど経つまでは、従業員は全て女性でした。

 そして、創業10年で、10億円という売上を、見事に達成されました。

男性どもからの「悔しい」思いは、確実に、女性社長やその会社を成長させたのです。

ちなみに、現在では40億円の売上ですから、1年で1億円ずつ売上を伸ばしているという計算になります。

この地方で、この売上は立派なものです。

【銀行からの「悔しい」思い】

また、最初から事業が順調に立ち上がるわけもなく、銀行に頭を下げて融資のお願いに回りました。

そこでも行く銀行、行く銀行で、色々な汚い言葉を浴び、嫌な態度をされ、本当に「悔しい」思いをされました。

創業当初は、資金面については、銀行以外の周りの方々に助けていただいたようですが、事業が順調に回り始めると、決して大きな投資はせず、無借金経営を続けています。

根底には、『銀行には絶対にお世話になりたくない』という気持ちが強くあるようです。

 そして、非常に財務体質の強い会社に育て上げてきました。

銀行からの「悔しい」思いも、確実に、女性社長やその会社を成長させたのです。

働く君に贈る25の言葉

【「悔しい」思いが成長させた】

その女性社長は、自分の強い想いだけで、会社を立ち上げました。

もし、その強い想いが、当初から世の中に受け入れられ、女性だからと言って可愛がられて、最初から仕事をもらっていたら、最初から「悔しい」思いをしませんでした。

しかし、その女性社長とお話しをしていて、女性社長が頑張れたのも、会社の売上が伸びたのも、会社の立ち上げ当初に、営業先で男性どもに、そして銀行にも馬鹿にされ、そこで芽生えた「悔しい」という思いが、女性社長自身を成長させ、会社も成長させてきたのだと、つくづく思ったのです。

実は今でこそ、男性社員も半数近くいますが、その女性社長は男性には非常に厳しいそうです。

どうしても、男性には厳しく反応してしまうようですね。

しかし、創業当初の「悔しい」思いをした社長のことを、従業員も理解しており、その厳しさも愛情のように感じているようです。 

失敗図鑑 すごい人ほどダメだった!

【「悔しい」思いは成長のチャンス】

仕事で、色々な「悔しい」思いをし、それを乗り越えることは、確実に自分の成長につながるのです。

つまり、仕事での「悔しい」思いは、成長のチャンスなのです。

そして、その「悔しい」経験が多ければ多いほど、成長の幅も大きくなるのです。

仕事で「悔しい」と思ったら、「自分は成長している」と捉えて、前向きに受け止めましょう。

是非、たくさんの「悔しい」思いをして、大きく自分を成長させましょう。

【「悔しい」思いは貴重なチャンス】

「悔しい」と思える仕事は、自分を成長させてくれる、非常に貴重なチャンスなのです。

仕事で「悔しい」と思ったら、「こんな貴重なチャンスを与えてくれてありがとう」と、逆に感謝をしましょう。

そして、成長の貴重なチャンスと捉えて、辛い「悔しい」思いを乗り越えていきましょう。

【貴重なチャンスにチャレンジ】

「悔しい」思いは、自分の成長の貴重なチャンスです。

その貴重なチャンスに、果敢に、また、たくさんチャレンジしていきましょう。

そして、自分を大きく成長させていきましょう。

頑張りましょう!

仕事の報酬とは何か 人間成長をめざして (PHP文庫)

 【「悔しい」思い 格言】

「大変だったけど、大変だったなんて今だから言えるんだ。苦労には代償がある。僕はその苦労で今日の地位を手に入れたんだ。」(ジャッキーチェン)

「踏まれても叩かれても、努力さえしつづけていれば、必ずいつかは実を結ぶ。」(升田幸三)

「山は西からも東からでも登れる。自分が方向を変えれば、新しい道はいくらでも開ける。」(松下幸之助)

「人生は自分の思い通りになんかならないと思っている人は、自らが思い通りにならないことを望んでいる人です。」(ジョセフ・マーフィー)

「私は若かりしころ、10のことを試しても9つがうまくいかないことがわかった。そこで10倍努力した。」(バーナード・ショー)

「決してギブアップしないヤツを打ち負かすことだけはできない。」(ベーブ・ルース)

「私、誰よりも練習してるよ。他の子がみんな帰っても、ひとりで練習してるよ。」(福原愛)

[図解]なぜか仕事ができる人の「成長のルール」

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

down

コメントする




自己紹介

スポンサーリンク




Amazonへのリンク

Amazonでのお買い物はこちら!

楽天各サービスへのリンク

イチオシ大型企画!

旅行の予約はこちらから!

話題の本&雑誌の購入なら

人気ブランド500以上

常に人気上位の楽天カード



にほんブログ村

にほんブログ村参加中!!

↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

人気ブログランキング参加中!!!

↓↓↓


人材・教育ランキング