「働く」ことを考える課

「働く」ことに悩んでいる人たちに、少しでも勇気や元気を持ってもらえるように、「働く」ことを前向きに、そして色々な視点で考えていきます。

仕事に「不安」を感じますか? では、仕事に「安心」したらどうなるでしょう??

time 2019/09/14

仕事に「不安」を感じますか? では、仕事に「安心」したらどうなるでしょう??
スポンサーリンク

【仕事に「不安」を感じますか? では、仕事に「安心」したらどうなるでしょう??】

【仕事の「不安」と「安心」を考える】

仕事に対して、色々な「不安」を感じる方も多いかと思います。

できれば、仕事に「安心」を感じたいと思っているかも知れません。

では、仕事に「不安」を感じるのは、ダメなことなのでしょうか。

また、仕事に「安心」を感じるのは、良いことなのでしょうか。

今回は、この仕事に対する「不安」と「安心」について考えてみます。

神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り

【仕事で感じる「不安」】

仕事では、どのようなときに「不安」を感じるのでしょうか。

年代ごとに見てみましょう。

【新入社員の「不安」】

「この会社についていけるだろうか、馴染めるだろうか」

「どこに配属されるのだろう」

「同期入社はどんな人がいるのだろう」

「先輩は、上司は、どんな人だろう」

「そもそも、この仕事は自分に合っているのだろうか」・・・

【若手社員の「不安」】

「このまま、今の会社でいいのだろうか」

「今の会社で、どこまで出世できるのだろうか」

「同期が出世するなかで、自分はなかなか出世できない」

「後輩指導は、ちゃんとできるだろうか」

「上司や会社は、自分のことを正当に評価してくれているだろうか」・・・

【中堅社員の「不安」】

「子ども大きくなったら、教育費がかかるが、今の給料で大丈夫だろうか」

スポンサーリンク

「家のことも考えたいが、今後の給料はどうなるだろうか」

「管理職になったものの、部門の目標を達成することができるだろうか」

「経営方針が現場に合っていないが、今後は大丈夫だろうか」

「実家の両親が年老いてきたが、転職して地元に戻ったほうがよいだろうか」・・・

【ベテラン社員の「不安」】

「定年になっても、今の仕事は続けるべきだろうか」

「定年後、再雇用されたとしても、どのような仕事になるだろうか」

「今までの部下が、上司になるのではないだろうか」

「この年齢で、別の会社が採用などしてくれるだろうか」

「年金はいつからもらうべきか」・・・

心配事の9割は起こらない―――減らす、手放す、忘れる「禅の教え」 三笠書房 電子書籍

【「不安」だからこそ頑張れる】

「不安」は、一つの仕事のモチベーションになると、私は考えています。

「この会社についていけるだろうか」という「不安」があるからこそ、会社についていけるように頑張ります。

「同期が出世するなかで、自分はなかなか出世できない」という「不安」があるからこそ、出世できるように頑張ります。

「子どもの教育費」や「住宅ローン」の「不安」があるからこそ、もっと稼げるように頑張ります。

「定年後の仕事」が不安だからこそ、定年後も自分を必要としてもらえるように頑張ります。

このように、「不安」だからこそ、頑張れるのです。

また、「不安」だからこそ、努力できるのです。

そして、頑張って、努力するから、成長するのです。

はじめてやる仕事の不安やプレッシャーをはねかえす技術

【仕事に「安心」を感じたら・・】

逆に、今の会社や仕事に「安心」を感じてしまったら、どうなるでしょうか。

「今の会社は、業績もよく、給料もそれなりに良いので、安心安心」

「安心」しきって、努力を怠るようなことがあったとしたら、世間では通用しない人材になってしまいますよ。

ひとたび、会社の業績が悪くなったら、どうしますか?

どこの会社も、あなたを引き取ってくれませんよ。

「自分は、上司や同僚からも好かれているので、安心安心」

今の上司や同僚が、ずっと一緒にいてくれるとは限りません。

必ず異動があります。

全くタイプの違う上司や、馬の合わない同僚も必ずいます。

そして、嫌われることもあるのです。

そのとき、どうしますか?

「子どもは、妻が育ててくれているから、安心安心」

子育てを妻に任せっぱなしにすると、どこかでしっぺ返しがきますよ。

妻は、子育てで、相当にストレスを感じているのです。

そのことに、早く気付きましょう。

「家のことは、両親が何とかしてくれるだろうから、安心安心」

両親は、いつまでも生きていません。

また、両親にも生活がありますし、いつ、どのような問題が起きるか分かりません。

介護も必要になってきます。

そうなると親にもお金がかかるようになります。

両親を頼らずに、早く自立しましょう。

「自分はこれまで一生懸命に仕事をしてきたから、定年後も会社が面倒をみてくれるだろう、安心安心」

会社は、慈善事業ではありません。

いくら、一生懸命頑張ったとしても、定年を迎えた、生産性の低い人には、冷たくなります。

しっかりと、自覚しておきましょう。

そして、自分なりの準備を進めておきましょう。

仕事の不安・悩みがなくなるロジカルシンキング

【良いことではない「安心」】

会社や仕事に「安心」を感じることは、良いことのように感じる人も、多いかも知れません。

しかし、すっかり現状に「安心」してしまっては、頑張ろうとか、努力しようとか、なかなか思わないようになります。

このように、決して「安心」は良いことではありません。

そして、「安心」しきって、ぬるま湯に浸かっている状態が長引けば、成長も止まってしまい、取り返しのつかないことになってしまうのです。

ささいなことに動揺してしまう 敏感すぎる人の「仕事の不安」がなくなる本

【「不安」を受け入れる】

仕事だけでなく、人生でも、「不安」を感じながら、「不安」に対する準備をしておくことが、本当に大切だと感じます。

「不安」は、決して悪いことではありません。

「不安」を受け入れて、「不安」だからこそ、どうするのか、何をするのかを考えましょう。

そして、行動しましょう。

あーーーーー!!!仕事も人間関係もいろいろめんどくさ!!!と思ったら読む 人生をシンプルにする本

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

down

コメントする




自己紹介

スポンサーリンク




Amazonへのリンク

Amazonでのお買い物はこちら!

楽天各サービスへのリンク

イチオシ大型企画!

旅行の予約はこちらから!

話題の本&雑誌の購入なら

人気ブランド500以上

常に人気上位の楽天カード



にほんブログ村

にほんブログ村参加中!!

↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

人気ブログランキング参加中!!!

↓↓↓


人材・教育ランキング