「働く」ことを考える課

「働く」ことに悩んでいる人たちに、少しでも勇気や元気を持ってもらえるように、「働く」ことを前向きに、そして色々な視点で考えていきます。

仕事の仲間は、自分が呼んでいる!まさに「類は友を呼ぶ」です!!

time 2018/09/13

仕事の仲間は、自分が呼んでいる!まさに「類は友を呼ぶ」です!!
スポンサーリンク

【仕事の仲間は、自分が呼んでいる!まさに「類は友を呼ぶ」です!!】

 

「類は友を呼ぶ」とは、まさにその通り!】

色々なグループと接する機会がありますが、それぞれのグループには、それぞれの傾向を感じます。

それは、ある程度同じ傾向の人が集まって、グループを形成しているということです。

前向きな人の周りには、前向きな人が集まって、前向きなグループを形成しています。

逆に、後ろ向きな人の周りには、後ろ向きな人が集まって、後ろ向きなグループを形成しています。

 社内でも同じことが言えます。

色々な人が集まって、会話をしているその内容に、耳をそばだててみてください。

文句を言う人の周りには、文句を言う人が集まって、仕事や会社、お客様に対する文句を言っています。

真面目な人の周りには、真面目な人が集まって、真面目に仕事のことを話しています。

楽しい話題を言う人の周りには、楽しい人が集まって、笑い話が絶えません。

 「類は友を呼ぶ」ということわざがありますが、まさにその通りです。

 

【大切な仕事を一緒に取り組む仲間】

仕事では、一緒に取り組む仲間の存在は、非常に大切です。

前向きな人とする仕事と、後ろ向きな人とする仕事では、仕事の生産性は全く変わってきます。

今回は、良い仲間と一緒に、良い仕事が出来るための取り組みを、考えてみたいと思います。

  

ともに戦える「仲間」のつくり方

【自分が周りの環境を作る】

まず考えておきたいのは、自分が周りの環境を作っているとうことです。

前向きな人の周りには、前向きな人が集まります。

逆に、後ろ向きな人の周りには、後ろ向きな人が集まります。

スポンサーリンク

つまり、自分の傾向に合わせて、自分の周りに、自分と同じような傾向の人が集まってくるのです。

前向きな人と一緒に、楽しく仕事をしたいと思う人は、自分自身が、前向きに、楽しく仕事をし、前向きで、楽しい発言をしなければならないのです。

前向きな人と一緒に、楽しく仕事をしたいのに、文句ばかりを言っていると、文句を言う人が周りに集まって、とても前向きで楽しい仕事にはなりません。

このように、自分が周りの環境を作っているということを、まずは理解しましょう。

ここで、いつもの自分を、少し振り返ってみましょう。

あなたは、どのように仕事に取り組みたいですか?

「                           」

あなたのいつもの言動は、その取り組みたい姿に合っていますか?

「                           」

いかがでしょうか?

あなたの、想いと言動は、合っていますでしょうか?

 

完全版 鏡の法則

【「ありたい姿」を明確に持つ】

そして、想い、つまり自分がこうありたいという「ありたい姿」を、明確に持ちましょう。

「前向きに、楽しく仕事がしたい」

「真面目に仕事に取り組み、成果を上げたい」

「人に貢献して、もっと人から頼りにされたい」

あなたは、どんな自分を目指したいでしょうか。

ここでも少し、自問自答してみましょう。

あなたは、どんなときに、仕事にやりがいを感じますか?

「                           」

そのあなたは、3年後、どのようになっていたいですか?

「                           」

そのあなたの、「ありたい姿」から、あなたの周りに集まってくる人が、そしてあなたが集めたい人が、決まってきます。

 

ザ・ビジョン 進むべき道は見えているか

【「ありたい姿」と同じ人と出会う】

次に考えたいのが、自分の「ありたい姿」と、同じ人たちが集まる場に、参加をするということです。

前向きに仕事に取り組みたい人は、前向きな人が集まる場に、積極的に参加をすることで、自分が更に前向きになります。

また、そういう場に参加をすると、前向きな人との出会いが増え、前向きな仕事にもつながってきます。

特に、勉強会やセミナーに、会社から言われて参加しているのではなく、自ら参加をされている方は、前向きな人が多く、刺激を受けます。

グループディスカッションやグループワークが中心のセミナーや、懇親会付きのセミナーなどが、オススメです。

そのような場では、前向きな発言や考え方が、嵐のように舞っています。

その前向きの嵐は、より自分を前向きにしてくれます。

そして、より前向きになった自分は、より前向きな仲間を呼び寄せるのです。

 
出会いとつながりの法則 ~誰も書かなかった新・出会い論~

【「ありたい姿」を公言する】

また、自分の「ありたい姿」を、思い切って公言することが大切です。

人の脳は、現実と想像の区別がつかないと言われています。

脳は、想像していることを、現実のように受け止めてしまうのです。

逆に、現実であっても、脳は想像により、現実とは違う受け止め方もするのです。

つまり、自分が思った通り、言った通りに、脳は動くということです。

そこで、自分の「ありたい姿」を実現するために、周りの人たちに、また出会った人たちに、言ってしまいましょう。

「私はこうありたいんだ」

「こんな仕事がしたいです」

「こんな夢を持っています」

「このような人になりたい」

このように、言ってしまうと、脳が勝手に判断して、自分をその「ありたい姿」に向けて、勝手に動かしてくれます。

そして、その「ありたい姿」に向かって動いていると、同じ想いを持った人たちが、周りに集まってくれるようになるのです。

 

「あの人と仕事がしたい! 」と言われる「夢とビジョン」を語る技術

【まさに「類は友を呼ぶ」】

仕事において、一緒に取り組む仲間の存在は、本当に大きいです。

そして、その仲間は、自分が呼び込んでいるのです。

まさに、「類は友を呼ぶ」です。

今回のテーマで、自分という類が、どのような友を呼ぶのか、少しでも考えるきっかけになっていただけたら、大変うれしく思います。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

down

コメントする




自己紹介

スポンサーリンク




Amazonへのリンク

Amazonでのお買い物はこちら!

楽天各サービスへのリンク

イチオシ大型企画!

旅行の予約はこちらから!

話題の本&雑誌の購入なら

人気ブランド500以上

常に人気上位の楽天カード



にほんブログ村

にほんブログ村参加中!!

↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

人気ブログランキング参加中!!!

↓↓↓


人材・教育ランキング