「働く」ことを考える課

「働く」ことに悩んでいる人たちに、少しでも勇気や元気を持ってもらえるように、「働く」ことを前向きに、そして色々な視点で考えていきます。

大谷翔平選手が父親から伝えられた「3つの教え」から学ぶこと

time 2018/04/18

大谷翔平選手が父親から伝えられた「3つの教え」から学ぶこと
スポンサーリンク

 

【大谷翔平選手が父親から伝えられた「3つの教え」から学ぶこと】

 

【大谷翔平選手の父親の存在】

大谷翔平選手のメジャーでの活躍から、改めて大谷選手のことを調べています。

まずは、大谷選手が花巻東高校の1年生の時に、マンダラチャートを使って作成した、目標達成シートには、大変に驚きました。

高校1年生、つまりまだ16歳の若者が、将来を見据えて目標を具体的に立てていること、そして実行していることは、本当に衝撃的でした。

 

更に「働くことを考える課」では、大谷選手のことを調べてみました。

大谷選手はメジャーで2回目の登板後に、現地の記者からの質問に対し、「人生で1番のピッチングは、小学生くらいの時」と答えています。

では、どのような小学生だったのか調べてみると、大谷選手の父親の存在が浮かび上がってきました。

大谷選手の父親は元社会人野球の選手で、地元の野球チームの監督もされています。

また父親は、大谷選手が小学校時代には監督を、また中学時代に所属していたシニアリーグのチームではコーチを務めていました。

つまり家庭ではお父さんでありながら、野球では大谷選手の指導者でもあったのです。

その大谷選手の指導者でもある父親は、「3つの教え」を常に大谷選手に伝えました。

そしてその「3つの教え」を大谷選手は、基本的なことだが、いつどのステージに行っても必要なことだと、今でも大切にしています。

 

道ひらく、海わたる 大谷翔平の素顔

※「道ひらく、海わたる」の内容

 

二刀流大谷翔平 世界一へ MLB開幕特集 (サンケイスポーツ特別版)

【父親が大谷選手に伝えた「3つの教え」とは】

その父親が伝えていた「3つの教え」とは、本当に基本的なことですが、非常に重要なことでもあります。

1つ目「大きな声を出して、元気よくプレイする」

「あっぱれ」や「喝」で有名な、3,000安打を達成した張さんが出演しているサンデーモーニングで、守備で凡ミスをしたプレイを見て、「喝」とともに「「俺が取る」と大きな声を出さないとダメだ」と、よく言っています。

この大きな声を出すということはプレイの中での、チーム内のコミュニケーションの大きなポイントと考えます。

また大きな声を出す、元気よくプレイするということは、全てのチームスポーツに必要なことでもあります。 

2つ目「キャッチボールを一生懸命に練習する」

キャッチボールは野球の基本です。

スポンサーリンク

相手に正確に投げる、相手のボールを正確に受け止めることの、基本が非常に大切であるということです。

その他、バスケットボールではパスを一生懸命に練習する、バレーボールではサーブを一生懸命に練習するなど、全てのスポーツで基本の練習は非常に重要です。 

3つ目「一生懸命に走る」

時々、凡フライを打ち上げてタラタラ走っている姿を見かけます。

もし守備側が、その凡フライを落としたら、アウトになります。

一生懸命走っていたら当然セーフです。

また全力で、真剣に取り組んでいないと怪我をします。

更に全力で取り組んでいないと、全力で取り組まないことがクセとなってきます。

この一生懸命に走るということも、全てのスポーツで重要なことです。

 

不可能を可能にする 大谷翔平120の思考

【「3つの教え」を仕事に置き換えて考える】

「働くことを考える課」では、この「3つの教え」を、仕事に置き換えて考えていきます。

「大きな声を出して、元気よくプレイする」

こちらは、職場での挨拶と返事で考えます。

職場では、挨拶と返事は非常に重要です。

大きな挨拶の言葉があると、職場内が活気づきますし、円滑なコミュニケーションにもつながります。

そして上司からの指示や部下や周りからの問いかけなどに、的確に返事をすることも、仕事でのコミュニケーションには非常に重要なことです。

少し慣れてきたり、偉くなったりすると、おろそかにしがちなことですが、どんなに偉くなっても、年を取っても、この挨拶と返事の重要性は、忘れないようにしておきたいことです。

「キャッチボールを一生懸命に練習する」

こちらは、職場でのコミュニケーションで考えます。

コミュニケーションは、正確な言葉のキャッチボールで成立します。

相手に言葉を正確に投げて、相手の言葉を正確に受け止めることは、コミュニケーションを取るときには必要なことです。

間違った言葉を相手に投げたり、また相手の言葉を捻じ曲げて受け止めたりすることで、一気に職場のコミュニケーションは崩れてきます。

言葉を正確に相手に投げる、相手の言葉を正確に受け止める、この言葉のキャッチボールは、職場でのコミュニケーションの中では大切にしておきたいことです。

「一生懸命に走る」

こちらは、仕事を一生懸命頑張ることで考えます。

仕事は一人では出来ません。

確実に周りのサポートが必要になりますし、周りの協力があってこそ仕事は成立します。

そして、周りと協力して仕事の成果を上げている人は、周りがサポートしたくなるような、また自然と協力したくなるような、仕事を一生懸命頑張っている人です。

逆に、一生懸命頑張っていない人には、周りもサポートしたくありませんし、協力もしたくなくなります。

また人間は、自分の行動がすぐに習慣化されてしまいます。

一生懸命頑張っていないと、一生懸命頑張らない自分の行動が習慣化されてしまいます。

こうなってしまうと、仕事にさぼり癖やごまかしが生まれたりします。

習慣は恐ろしいですので、是非一生懸命頑張るという行動を、習慣化したいものです。

 

【常に意識しておきたい「3つの教え」】

大谷選手のお父さんの教えは、基本的なことでありながら、いつどの場面でも大切なことでもあります。

仕事でも同様です。

どんなにベテランになっても、どんなに偉くなっても、どんなに仕事が出来るようになっても、基本となる「3つの教え」をおろそかにしないように、意識しておきたいと思います。

 

※大谷翔平グッズのご紹介

大谷翔平 二刀流 ファイターズ・5年間の軌跡 [ 大谷翔平 ]

◆予約◆大谷翔平直筆サイン入りオーセンティックジャージー(オルタネイト・赤)

大谷翔平 ネーム&ナンバーTシャツ (エンゼルス/レッド/#17) / Majestic Shohei Ohtani 送料無料、4/12再入荷予定!

The Highland Mint (ハイランドミント) 大谷翔平 ロサンゼルス・エンゼルス ルーキーシーズンスプリングトレーニングデビューシルバーコインフォトプラーク (Shohei Ohtani Rookie Season Spring Training Debut Silver Coin Photo Mint) 3/7入荷!

The Highland Mint (ハイランドミント) 大谷翔平 ロサンゼルス・エンゼルス シルバーコインカード (Shohei Ohtani Angels Press Conference Silver Coin Card) 3/5再入荷

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

down

コメントする




自己紹介

スポンサーリンク




Amazonへのリンク

Amazonでのお買い物はこちら!

楽天各サービスへのリンク

イチオシ大型企画!

旅行の予約はこちらから!

話題の本&雑誌の購入なら

人気ブランド500以上

常に人気上位の楽天カード



にほんブログ村

にほんブログ村参加中!!

↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

人気ブログランキング参加中!!!

↓↓↓


人材・教育ランキング