「働く」ことを考える課

「働く」ことに悩んでいる人たちに、少しでも勇気や元気を持ってもらえるように、「働く」ことを前向きに、そして色々な視点で考えていきます。

感性や価値観を受け入れると、人間関係は構築出来る

time 2017/09/26

感性や価値観を受け入れると、人間関係は構築出来る
スポンサーリンク

「感性や価値観を受け入れると、人間関係は構築出来る

 

職場の「人間関係」で悩んでいる方は、本当に多いです。

仕事を辞めたい理由でも「人間関係」の問題は、上位にきます。

ただし、「人間関係」の問題は、自分自身の問題でもあります。

もしあなたが、違った感性や価値観を受け入れることが出来たら、「人間関係」は構築出来ます。

今回は、この「人間関係」について、よく考えてみましょう!

 

【仕事を辞めたい理由】

マイナビ転職が2015年に、20~35歳を対象に、「仕事を辞めたい」と思った理由を聞いたアンケートの結果が公表されています。

まず理由のトップはお給料の問題です。

そしてほぼ同じくらいの多さで、人間関係があげられています。

ちなみに、仕事内容や労働時間、社風などが続いてあげられています。

 

※会社を辞めたいと思っている人への参考書籍

“会社を辞めたい”と思ったとき読む本 心に悔いを残さないために (PHP文庫)

ブラック企業という職場: ブラック企業を辞めたい人たちへ

 

【人間関係の問題は自分自身】

私の個人的な感覚としても、数多くの求職者に携わってきて、自己都合退職の理由に職場での人間関係をあげる方は、本当に多いです。また退職まではいかなくても、非常に多くの方が、職場の人間関係で悩んでいます。

そして人間関係で悩む人は、職場を変えても相手を変えても、また同じような人間関係に悩む場合が多いです。

つまり人間関係の問題は、もちろん相手にある場合もありますが、自分自身の問題でもあるとういことです。自分で自分自身の問題に気付き、自分を変えていかなければ、問題は解決出来ないということです

 

【人間関係を自分の問題としない人】

職場での人間関係を理由に退職した人は、かなりの割合で、次の職場も同じような人間関係を理由に退職しています。

どうしても自分の問題と気付けず、どの職場でも、会社や職場の人間が問題で人間関係がこじれているという判断をしてしまっています。

ですので、自分自身を変えるという努力をしないまま、次の職場に転職をしますから、新しい職場でも同じような人間関係の問題にぶち当たってしまいます。

スポンサーリンク

そして退職を繰り返しています。

環境を変えても、自分を変えないといつまでたっても、同じことの繰り返しです。

外から見たら、至極当然のことのようにも見えるだけに、非常に残念なことです。

人間関係の問題を、相手の問題にして、相手を変えようとしても、相手は変わりませんし、環境の問題にして、環境を変えようとしても、環境は変わりません。

自分が変わらないと何も変わりません。

 早く本人に気付いてほしいです。

 

【感性や価値観の違いを受け入れる】

組織は、感性も価値観も全く違う人が集まって構成されています。

その全く違う感性や価値観が集まって、同じ目的・目標に向かって仕事をしています。

色々な行き違いや意見の相違など、あって当然です。逆に何もない職場はありません。

そして仕事をする中で、自分とは全く違う感性や価値観を持った人の意見は、自分の思考を広げるのに、非常に役立ちます。そういう考え方もあるのか」とハッとさせられるときもあります。

このように自分の思考が広がるということは、それだけ判断する選択肢が増えるということですので、仕事の成果にもつながりやすくなります。

 

【人間関係に悩む人】

人間関係で悩む人たちは、どうも自分と違う感性や価値観を持った人たちを、受けいれられない傾向があります。ここが大きな自分自身の問題です。

確かに自分とは違う感性や価値観を受け入れるのは、心の葛藤の連続です。非常にストレスの溜まることでもあります。

しかし、ここを乗り越えて少しでも受け入れられる心の広さを持たなければ、どの職場でも同じ問題にぶち当たることになります。

少しずつでもトレーニングを実施し、受け入れる心の幅を広げていきましょう。

自分を変えていきましょう。

また、自分と違う感性や価値観を受け入れることは、自分の思考が広がるということです。

発想を転換しましょう。

 

【おわりに】

残念ながら、どの職場でも人間関係の問題は必ず発生します。

それが嫌なら自分一人だけで完結する仕事を探すしかありません。

しかし世の中に存在する仕事は、何かの形で人と関わって成り立っています。

仕事とは、働くということは、そういうものであるという、気持ちの割り切りも必要です。

どうせ仕事をするなら、楽しく人と関わり、楽しく仕事がしたいですね。

 

【格言 人間関係】

「どんな人間関係のトラブルも解決するにあたって最初に捨てなければならないのは「自分が否定されている」という被害妄想です」(江原啓之) 

「人間関係とは自分を映す鏡だ。だから、素敵な人と出会いたいなら、まずは自分が素敵な人にならなければいけない。いい仕事場で働きたいなら、まずは自分がいい仕事ができるようにならなければいけない」(DaiGo(メンタリスト)) 

「「仕事で失敗しませんでした。働かなかったからです」「人間関係で失敗しませんでした。人の輪に入らなかったからです」。彼の人生は完全で、そして最悪だった」(アルフレッド・アドラー) 

「「人が苦手、人間関係が苦手、人見知り」という人ほど、たいして人に会っていないだけ、沢山の人に会えば会うほど、会って話しをすれば、良い人の方が多い事に気がつく、学生時代の人間関係や狭いコミュニティーに縛られて臆病にならないで、ドンドンいろいろな人に会ってみるといい」(ゲッターズ飯田) 

「リスペクトする気持ちが人間関係を良好にする」(長友佑都) 

「人間関係で一番大切なのは、「そうですよね、わかりますよ」という言葉です」「夫婦にかぎらず、すべての人間関係は「相手に期待しない。相手を変えようとしない」の修行です」(斉藤一人) 

「人間関係の運には3つある。年上の人に引っ張ってもらう運、同年代から支えられる運、そして年下、部下や後輩から持ち上げられる運。3つの運の力は、どれも成功するために欠かすことはできない」(本田健)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

down

コメントする




自己紹介

スポンサーリンク




Amazonへのリンク

Amazonでのお買い物はこちら!

楽天各サービスへのリンク

イチオシ大型企画!

旅行の予約はこちらから!

話題の本&雑誌の購入なら

人気ブランド500以上

常に人気上位の楽天カード



にほんブログ村

にほんブログ村参加中!!

↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

人気ブログランキング参加中!!!

↓↓↓


人材・教育ランキング