「働く」ことを考える課

「働く」ことに悩んでいる人たちに、少しでも勇気や元気を持ってもらえるように、「働く」ことを前向きに、そして色々な視点で考えていきます。

覚悟を決めてチャレンジする、それが成長につながる!

time 2017/10/24

覚悟を決めてチャレンジする、それが成長につながる!
スポンサーリンク

【覚悟を決めてチャレンジする、それが成長につながる!】

 

成長するためには、様々なことにチャレンジしていくことが大切です。

しかし、チャレンジには色々な困難が伴います。

そしてあきらめずに、様々な「失敗」「反省」を繰り返しながら、その困難を乗り越えることが、自分自身の成長につながりますし、仕事の幅を広げることにもつながります。

時代の変化の激しい世の中です。

これからも、新たなチャレンジをし続けることが、働くためには非常に必要なことになると考えています。

そしてチャレンジし続けるためには、自分自身の相当の覚悟が必要になってきます。

今回は、このチャレンジと覚悟について考えます。

 

【社内の抵抗勢力】

チャレンジするということは、前例のないことに取り組むということでもあります。

ですので、会社の中では、得てして出る杭になってしまうことにもなり、上からも周りからも打たれてしまいがちです。

 

上の立場から考えると、一番嫌うのはリスクです。

リスクを嫌う上司の本音は、

「今のままでもうまくいっているのに、何故新しいことに取り組まなければならないのか、その新しいことはうまくいくのか、最終的に責任を取るのは私だぞ、言われたことだけをやれ」なのかも知れません。

また面倒なことも嫌われます。

面倒なことを嫌う上司の本音は、

「おいおい、それを部長に説明して承認を得るのは私だぞ、私だって忙しいんだぞ、部長に説明する時間はない、勝手なことばかりを言うなよ」なのかも知れません。

 

そして周りは変化を嫌います。

変化を嫌う周りの本音は、

「今まで通りでいいんじゃない、なんで今やるのよ、なんで変えなきゃならないのよ、私を巻き込まないで」なのかも知れません。

 

もっと言えば、人は他人の成長を嫌います。

スポンサーリンク

他人の成長を嫌う人の本音は、

「私よりいい仕事をしないで欲しい、是非失敗して欲しい、私より出来る人になって欲しくない、私があなたより常に上にいたい」なのかも知れません。

 

つまりチャレンジの最初の困難は、社内の様々な抵抗勢力からの圧力です。

まずはここを乗り越えることが必要です。

 

 【マトリョーシカ会社】

人のチャレンジを心から応援しない風土の会社が多いことは、本当に残念に思います。

この風土の会社を、私は「マトリョーシカ会社」と呼んでいます。

マトリョーシカ人形は、ロシアの民芸品の人形です。

人形の胴体が上下に分割されており、その中には一回り小さい人形が入っています。

そしてその一回り小さい人形も胴体が上下に分割されており、その中にも更に一回り小さい人形が入っています。

これが何回か繰り返され、人形からまた人形が出てくる入れ子構造になっている人形です。

このように、人のチャレンジを応援しないという風土は、つまり上司の枠の中でしか部下は成長せず、上司の枠を超えることはありません。

そして上司の枠を超えない部下が上司になると、更にその部下は小さな枠の中でしか成長をしなくなります。

結局、その会社の人の成長はどんどん小さくなり、出来る仕事の幅もどんどん狭くなっていき、そして業績低下につながっていきます。

上司の立場の人は、心を大きく持って、部下の勇気あるチャレンジは、是非応援して欲しいと思います。

そして一緒に考え、悩み、取り組み、部下の成長とともに、上司自身の成長にもつなげていって欲しいと思います。

 

※マトリョーシカ人形

 

【覚悟を決める】 

では社内の抵抗勢力からの圧力を乗り越えるのは、どうしたら良いのでしょうか。

色々な組織を見てきましたが、この圧力を乗り越えている人は、与えられている仕事をまずはしっかりとこなしています。

つまり会社からの期待に十分に応えている状態で、通常の仕事プラスαで、新たなチャレンジに取り組んでいます。

また新たなチャレンジでは、自分自身が身体を張って取り組んでいます。

リスクは自らが背負って、また責任も自らが背負って取り組んでいます。

この覚悟が、新たなチャレンジの中では必要なことだろうとつくづく思います。

そして覚悟を決めることは、自分の逃げ道も無くします。

なかなか大変ですし、困難なことでもありますが、だからこそその人の成長もまた大きなものとなっています。

 

【覚悟 参考書籍】

 

覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰 (Sanctuary books)

覚悟の力

覚悟さえ決めれば、たいていのことはできる

覚悟の決め方 (PHP新書)

覚悟のススメ[新装版]1-5巻全巻完結(マーケットプレイスセット)

 

【やっぱり覚悟が大切】

それでも出る杭は打たれる状態を抜けられない場合は、リスクもありますが、思い切って環境を変えることも考えたいです。

前の会社ではかなり打たれていた杭の人が、転職してあっという間に役員になっていたという話しもあります。

自分で事業を起こして、あっという間に収入を倍増させたという話しもあります。

ここでも、自分自身で覚悟をどう決めるのかが、非常に重要です。

覚悟を決めてチャレンジする、そしてそれが成長につながる、働くためにはまず覚悟を決めることが、非常に重要なことです。

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

down

コメントする




自己紹介

スポンサーリンク




Amazonへのリンク

Amazonでのお買い物はこちら!

楽天各サービスへのリンク

イチオシ大型企画!

旅行の予約はこちらから!

話題の本&雑誌の購入なら

人気ブランド500以上

常に人気上位の楽天カード



にほんブログ村

にほんブログ村参加中!!

↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

人気ブログランキング参加中!!!

↓↓↓


人材・教育ランキング