「働く」ことを考える課

「働く」ことに悩んでいる人たちに、少しでも勇気や元気を持ってもらえるように、「働く」ことを前向きに、そして色々な視点で考えていきます。

仕事で非常に重要な、上司と部下の信頼関係について考える

time 2019/09/21

仕事で非常に重要な、上司と部下の信頼関係について考える
スポンサーリンク

【仕事で非常に重要な、上司と部下の信頼関係について考える】

【上司と部下との信頼関係について】

上司は部下を信頼し、部下は上司を信頼する、このような関係性ができてこそ、組織としての成果につながるものと考えています。

上司が部下を信頼せず、部下も上司を信頼しないような組織では、とても成果など生み出せません。

やはり、仕事で成果を出すためには、上司と部下の信頼関係は、非常に需要なのです。

今回は、この上司と部下の信頼関係について、考えてみます。

人を助けるとはどういうことか――本当の「協力関係」をつくる7つの原則

【信頼関係とは】

信頼とは、信じて、頼りにすることです。

また、頼りになると、信じていることです。

そして、信頼関係とは、お互いに信じて頼りあっている、また頼りになると信じあっている状態のことを言います。

つまり、お互いに気持ちが通じ合っている状態が、信頼関係ができている状態であると言えます。

【CD付】人生で一番大切なのに誰も教えてくれなかった 信頼関係の作り方

【上司と部下の信頼関係とは】

上司と部下の関係は、仕事上で生まれる関係性です。

つまり、上司と部下との信頼関係は、仕事の中で生まれるものなのです。

仕事をする上で、お互いに信じて頼りあっている、また頼りになると信じあっている状態なのです。

仕事以外で生まれる信頼関係は、決して、上司と部下の信頼関係ではありません。

心をつなげる

【部下から信頼される上司とは】

部下が、仕事上で、信じて頼りにする、また頼りになると信じている上司が、信頼される上司です。

では、仕事上で、部下が信じる上司、頼りになる上司とは、どんな上司でしょうか。

それは、ズバリ、部下が仕事で困ったときや悩んでいるとき、つまり、仕事がうまくいかないときに、相談できたり、アドバイスをもらえたりできる人です。

もっと具体的に言うと、

スポンサーリンク

困っている部下が、相談したくなる

・話しやすい上司

・よく聞いてくれる上司

・共感してくれる上司

・一緒に考えてくれる上司

・一緒に動いてくれる上司

また、悩んでいる部下に、より良いアドバイスをしてくれる

・色々な困難を乗り越えた経験のある上司

・幅広い知識を持った上司

・判断力や決断力がある上司

・責任感のある上司

・説得力を持っている上司

このような上司が、部下から信頼される上司です。

うまくいっている人の考え方 完全版 (ディスカヴァー携書)

【よくいる、信頼されない上司】

逆に、仕事上で、信頼されない上司とは、以下のような上司です。

残念ながら、よくいる上司です。

・部下の話しを聞かずに、一方的な指示を出す上司

・自分の意見だけを押し付けてくる上司

・自分の経験則だけで判断する上司

・部下だけを動かして自分が動かない上司

・成果は上司の成果に、失敗は部下の失敗にする上司

・指示が曖昧な上司

・判断や決断ができない上司

部下を元気にする、上司の話し方

【上司から信頼される部下】

上司が、仕事上で、信じて頼りにする、また頼りになると信じている部下が、信頼される部下です。

では、仕事上で、上司が信じる部下、頼りになる部下とは、どんな部下でしょうか。

それは、ズバリ、仕事を進める上で、上司とスムーズな議論ができ、上司と決めたことは確実に実行し、そして実行したことを振り返り、素直に反省できる人です。

もっと具体的に言うと、

上司と議論をするときに

・自分の意見を持っている部下

・人の話しを聞ける部下

・柔軟に自分の考えを変えられる部下

・決まったことには素直に従う部下

上司と決めたことに対して

・後からあれこれ言わない部下

・決めたとおりに、確実に実行する部下

・実行した結果を正確に、事実のとおり報告できる部下

・できなかったことに対して、言い訳をしない部下

そして、実行したことに対して

・事実を事実のとおりに受け入れられる部下

・うまくいったことは、何が良かったのかを冷静に考えられる部下

・うまくいかなかった場合は、素直に反省できる部下

・次の対策を考えることができる部下

このような部下が、上司から信頼される部下です。

「いまどき部下」を動かす39のしかけ―――その「任せ方」、もう通用しなくて当然です。

【よくいる、信頼されない部下】

逆に、仕事上で、信頼されない部下とは、以下のような部下です。

こちらも残念ながら、よくいる部下です。

・行動する前に、できない理由ばかりを言う部下

・人の意見を否定ばかりする部下

・かたくなに自分の意見を変えない部下

・口ばかりで動かない部下

・言い訳の多い部下

・事実ではなく、自分の感情や感覚、想像で報告する部下

・素直に反省しない部下

頑固な羊の動かし方―1人でも部下を持ったら読む本

【上司と部下の信頼関係】

上司は上司として、仕事上で、部下に信頼される状態を、どのように構築していくのか、上記から良く考えて、実行していきましょう。

そして部下も部下として、仕事上で、上司に信頼される状態を、どのように構築していくのか、上記から良く考えて、実行していきましょう。

そして、上司と部下との信頼関係が構築されると、仕事上で、以下のような状態が生まれます。

・上司と部下がよく議論している状態

・議論は、上司が部下に質問をしながら聞き役に回っている状態

・議論は、必ず結論が出ている状態

・結論は、上司と部下が合意している状態

・合意した内容が、必ず実行されている状態

・実行後は、部下から上司に確実に報告があがっている状態

・上司が部下によく声をかけている状態

・トラブルやクレームが隠れることなく、上司に上がっている状態

・問題発生時は上司が責任を持って解決している状態

このような状態を生み出すために、上司は部下から信頼される努力を、部下は上司から信頼される努力をし続けることが、非常に重要なのです。

上司も、部下も、是非、この機会に、ご自身を客観的に、そして素直に振り返りましょう。

組織も人も変わることができる! なぜ部下とうまくいかないのか 「自他変革」の発達心理学

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

down

コメントする




自己紹介

スポンサーリンク




Amazonへのリンク

Amazonでのお買い物はこちら!

楽天各サービスへのリンク

イチオシ大型企画!

旅行の予約はこちらから!

話題の本&雑誌の購入なら

人気ブランド500以上

常に人気上位の楽天カード



にほんブログ村

にほんブログ村参加中!!

↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

人気ブログランキング参加中!!!

↓↓↓


人材・教育ランキング