「働く」ことを考える課

「働く」ことに悩んでいる人たちに、少しでも勇気や元気を持ってもらえるように、「働く」ことを前向きに、そして色々な視点で考えていきます。

意見を言う時に、責任の意識はありますか?

time 2017/10/30

意見を言う時に、責任の意識はありますか?
スポンサーリンク

「意見を言う時に、責任の意識はありますか?」

 

色々な職場で、色々な人から、本当に色々な意見をお聞きします。

しかし意見を言っている人に、「責任」の意識があるのか疑問に思うことが多いです。

大人である以上、意見には「責任」伴いますので、是非意識しましょう。

 

 今回は、その「責任」とは、どういうことか考えていきます。

是非一緒に考えてください。

 

※責任 参考書籍

「責任」はだれにあるのか (PHP新書)

 

 

 【意見には責任を伴う】

例えば次のようなご意見は、よく聞く内容です。

そして、次のようなご意見に、皆さんはどのようにお考えになるでしょうか。

 

「うちの会社は、制度が十分に整っていないから、まずは制度を整えるべきだ。」

「私の上司は、部下の意見を聞いているようで聞いていない。」

「あの会社は、いつも納期が遅れるいい加減な会社だ。」

 

 

私は、以下のように考えます。

 

これらの意見は全てが正論です。

そしてこういう話しを聞くと、相手が悪いように聞こえます。いや実際には相手が悪いのでしょう。

 

スポンサーリンク

しかしこれらのご意見は全てが他人事であり、発言した本人は全く「責任」の意識がない、無責任なご意見です。

 

会社の制度の不備を指摘するのであれば、自分自身が制度について勉強して、制度の不備を見直す提案を、会社に対してするべきです。そして行動するべきです。

それが制度について指摘する人の「責任」です。

 

また上司や他人の欠点を指摘する人は、自分に欠点があってはいけません。欠点のある人が、人の欠点を指摘してはいけません。

しかし世の中に、欠点のない人は絶対にいません。

誰にでも欠点はあります。ですので、人である以上、他人の欠点は絶対に指摘が出来ません。

そしてその欠点を補い合うために、チームがあり、組織があります。

欠点を補い合って、共通の目的・目標に向かっています。

上司の欠点を指摘するのではなく、その欠点を部下の方たちで補うことをまずは考えるべきです。

それが部下としての「責任」です。

 

そして相手の会社のいい加減さを指摘する前に、自分の会社でも納期を管理する必要があります。

そもそも仕事というのは、発注側と受注側がお互いに協力しあって成立するものです。

またお互いの関係の中で、どちらかが一方的に悪いということもありません。

どちらにも「責任」がありますので、一方的に相手の会社に「責任」を負わせることは、絶対にしてはいけません。

発注側にも、発注した「責任」がありますので、納期の確認などは自分たちの「責任」でもあります。

 

意見には「責任」を伴います。

自分の「責任」を考えて、意見するように心がけたいと考えます。

 

 

 

【自由には責任を伴う】 

また次のようなご意見も、よく聞く内容です。

こちらも、皆さんはどのようにお考えになるでしょうか。

 

「上司がうるさい。」

「細かいことなど、とやかく言ってほしくない。」

「もっと自由に仕事をさせて欲しい。」

 

 

私は、以下のように考えます。

 

自由には「責任」が伴います。

もし上司の指示で、その指示通りの仕事をしたのなら、その仕事の結果は上司の「責任」です。

しかし、自由に自分で仕事をしたのなら、その仕事の結果は自分の「責任」です。

 

例えば、仕事というのは常に問題が発生します。

そして問題を解決するためには、上司や周りの方々の力を借りる場合が、非常に多いです。自分一人の力は、本当に微々たるものです。

その問題を発生させた仕事が、自分一人で自由にしてきた仕事だったとしたら、誰がフォローしてくれますか?

上司としては、「お前が勝手にやった仕事だから、お前が始末を付けろ」と思ったとしても、自分の会社の自分の部署の問題ですから、やはり動かざるを得ません。

結局、自由に仕事をさせてもらっても、自分で「責任」は取れないのです。

やはり仕事というのは、上司に相談して判断を仰ぎ、そして周りと協力しながら進めていくべきことなのです。

 

【立場や役割を理解する】

社会人として、組織で働くためには、自分の立場や役割を把握し、その立場や役割の中での「責任」を、十分に理解しておく必要があります。

上司であれば上司としての立場・役割の中での「責任」が発生しますし、部下であれば部下としての立場・役割の中での「責任」が発生します。

また発注側にも受注側にも、それぞれの立場や役割の中での「責任」があります。

その中で果たす「責任」というものを、十分に理解したうえで、働くことが非常に必要です。

そして「責任」の範囲や意味合いを、はき違えないように注意しておくことが必要です。

 

【おわりに】

仕事が出来る人は、自らが「責任」の意識を強く持って具体的に動いています。

「責任」の意識を持って具体的に動く人と、無責任に言うだけの人とでは、ご自身の成長度合いも違ってきますし、仕事の成果も違ってきます。

結果として、評価も違ってきます。

「責任」という意味合いを意識し、そして「責任」の意識を持った仕事に取り組むことで、成果や評価につなげていきましょう。 

 

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

down

コメントする




自己紹介

スポンサーリンク




Amazonへのリンク

Amazonでのお買い物はこちら!

楽天各サービスへのリンク

イチオシ大型企画!

旅行の予約はこちらから!

話題の本&雑誌の購入なら

人気ブランド500以上

常に人気上位の楽天カード



にほんブログ村

にほんブログ村参加中!!

↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

人気ブログランキング参加中!!!

↓↓↓


人材・教育ランキング