「働く」ことを考える課

「働く」ことに悩んでいる人たちに、少しでも勇気や元気を持ってもらえるように、「働く」ことを前向きに、そして色々な視点で考えていきます。

人の判断に大きく影響する「好き嫌い」の感情

time 2017/10/09

人の判断に大きく影響する「好き嫌い」の感情
スポンサーリンク

「人の判断に大きく影響する「好き嫌い」の感情」

 

人の物事に対する判断は、その人の「好き嫌い」が大きく影響します。

仕事においてもこの「好き嫌い」という感情が、大きく影響します。

今回は、この「好き嫌い」という感情について考えます。

そしてやはり好かれることは、非常に大切なことだと感じました。

 

 

※好き嫌い 参考書籍

「好き嫌い」と経営

大切なことは、「好き嫌い」で決めろ!

 

【人間は感情の動物】

人間は感情の動物です。

感情が人を動かしますし、感情が色々な判断もします。

冷静に見える人でも確実に感情があります。冷静に振舞っているだけで、色々な感情が心の中で渦巻いています。そして冷静に見えますが、感情で動き、感情で判断しています。それが人間なのです。

そしてその感情は、「好き嫌い」が大きく影響しています。

 

【「好き嫌い」が判断の基準】

私たちは、例えば洋服を買いに行ったとき、洋服の色やスタイルなど、自分が好きなものを選びます。決して嫌いなものは選びません。

食事もそうです。ランチでもディナーでも、注文するときは好きなものを選びます。ここでも嫌いなものは選びません。

このように私たちは、日ごろから何かを決めるとき、「好き嫌い」の感情から選びます。

「好き嫌い」が判断の基準になっています。

 

【「好き嫌い」に論理は関係ない】

「好き嫌い」には、あまり論理は関係ありません。

好きなものを論理的に説明しろと言われても困りますし、嫌いなものを論理的に説明しろと言われても、これも困ります。

スポンサーリンク

好きなものは好きですし、嫌いなものは嫌いです。

また嫌いなものを好きになるように論理的に説得されても、嫌いなものを好きにはなれません。また好きなものを嫌いになるように、論理的に説得されても、好きなものを嫌いになれません。

やはり好きなものは好きですし、嫌いなものは嫌いです。

 

【仕事も「好き嫌い」で判断】

この論理で説明できない「好き嫌い」が、仕事の様々な場面でも判断の基準になっています。

これはある会社の事例です。

社長と幹部社員数人の、新規事業の立ち上げにあたってのミーティングの場での出来事です。

最初にNさんが新規事業の提案をしました。社長は最後まで提案内容を聞かずに反対されました。場が少し険悪な雰囲気になりました。

その後、他の幹部社員からの提案が続き、最後にKさんが、社長に反対されたNさんとほぼ同じ内容の提案を行いました。

最初のNさんと同じじゃん、社長は反対って言ってたじゃん、と思っていたら「それいいな」と社長が言いました。耳を疑いました。

そして最初Nさんが提案した内容とほぼ同じものが、Kさんの提案により、新規事業としてその会社で取り組んでいくこととして決定しました。

そのミーティングでの社長は、提案の内容そのものより、誰の提案なのかが判断の基準になっていました。

社長は、Nさんのことは嫌いですが、Kさんのことは好きなのです。

おそらく社長ご自身は気付いていないのですが、社員は当然その社長の感情に気付いています。

社員は大人としての対応で、その社長の感情を受け入れていました。

この事例のように、仕事でも「好き嫌い」の感情で、様々な判断が実際に行われています。

 

【厄介な好き嫌いの感情】

人間なので誰しも「好き嫌い」の感情があります。

また説明してきているように、「好き嫌い」は論理では説明が出来ないことなので、非常に厄介です。

さんは何故社長から嫌われているのか、Kさんは何故社長から好かれているのか、その「好き嫌い」の事実は分かったとしても、その何故は誰も分かりません。

おそらく、一度や二度の出来事が「好き嫌い」の感情を作ったのではなく、色々なやり取りがあり、それが積み重なって「好き嫌い」の感情が徐々に作られてきたのだろうと思います。

そして植え付けられた「好き嫌い」の感情は、なかなか変えることは難しいです。

 

【好かれる努力】

人間は感情の動物です。

そしてその感情は、「好き嫌い」が大きく影響しています。

好かれると非常に仕事はやりやすくなりますし、嫌われると仕事はやりにくくなります。

当然仕事では、好かれるための努力は必要です。

ある会社の事例では、Nさんは社長から好かれていないことを受け入れて、すっかり割り切っていることを残念に感じました。相手は社長なのですから、自分から社長の懐に入り込んで、好かれるための努力がもっと必要だと感じました。

「好き嫌い」の感情が仕事に大きく影響することを理解し、人から好かれる努力は続けていきたいものです。

 

【好き嫌い 格言】

「お客は、チラシを好き嫌いで判断している。好き嫌いというのは感情である。とすれば、お客の感情を動かせるかどうかがポイントとなる」(神田昌典)

「人間は好き嫌いで働くものだ。論法で働くものじゃない」(夏目漱石)

「人としてこの世に生まれて一番大切なことは、人に好かれる人間になることだよ」(中村天風)

「人付き合いがうまいというのは、人を許せるということだ」(ロバート・フロスト)

「最も深い感情の中に、最も高い真実が隠されている。要はこの感情を掴むことだ」(ニール・ドナルド・ウォルシュ)

「他者の感情を尊重することから生まれる謙虚さ、慇懃(いんぎん)さが礼の根源である」(新渡戸稲造)

「人間はみな似たりよったりの能力と、感情の持ち主である。これを悟らなければならないと思う。つまり、我も人なら、彼も人なのである」(本田宗一郎)

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

down

コメントする




自己紹介

スポンサーリンク




Amazonへのリンク

Amazonでのお買い物はこちら!

楽天各サービスへのリンク

イチオシ大型企画!

旅行の予約はこちらから!

話題の本&雑誌の購入なら

人気ブランド500以上

常に人気上位の楽天カード



にほんブログ村

にほんブログ村参加中!!

↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

人気ブログランキング参加中!!!

↓↓↓


人材・教育ランキング