「働く」ことを考える課

「働く」ことに悩んでいる人たちに、少しでも勇気や元気を持ってもらえるように、「働く」ことを前向きに、そして色々な視点で考えていきます。

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む「転職の思考法」

time 2019/08/11

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む「転職の思考法」
スポンサーリンク

【このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む「転職の思考法」】

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

【「困った」転職相談】

色々な人から転職相談を受けますが、「困った」相談、「困った」勘違いなど、様々な「困った」に出くわします。

少し例を挙げます。

【「いい仕事」があったら転職したい】

まず、「何か『いい仕事』があったら転職したい」という、困った相談です

人にはそれぞれ価値観があって、またその価値観は人によって全く違いますので、人によって「いい仕事」の意味合いが変わってきます。

給料が安くても、残業や休日出勤がない仕事を、「いい仕事」と思う人がいます。

逆に、残業や休日出勤などはいとわず、とにかくやりがいのある仕事を、「いい仕事」と思う人がいます。

更に、仕事内容も、やりがいも、勤務時間も、全く関係なく、とにかくお金の稼げる仕事を、「いい仕事」と思う人がいます。

これだけ、価値観によって、「いい仕事」の意味合いは、全く変わるのです。

「いい仕事」を探している人は、まずは、自分の価値観を明確にする必要があります。

そして、あなたにとっての「いい仕事」を、明確に言葉にしておく必要があります。

【仕事は紹介してもらえるもの】

そして、「エージェントに登録したら、仕事は紹介してもらえる」という、困った勘違いです。

エージェントとは、求人企業からお金をいただいて、求職者を紹介しています。

つまり、ビジネスとして職業紹介を行っています。

求人企業も、お金を払って人を採用するのですから、当然、求職者を見る目は厳しくなります。

ですので、その求職者に、売れるだけのキャリアがなければ、エージェントは相手をしないのです。

エージェントに登録しても、仕事を紹介されない方は、エージェントが悪いのではなく、自分のキャリアが悪いのです。

つまり、在職中から、将来を見据えて、売れるキャリアを積んでおかなければ、良い転職はなかなか難しいのです。

【「転職の思考法」から学ぶ】

さて、この本では、このような困った転職活動にならないように、ストーリー仕立てで、分かりやすく、「転職の思考法」を教えてくれています。

スポンサーリンク

今回は、その一例をご紹介します。

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

【マーケットバリュー(市場価値)】

会社勤めをしていると、当然、上司の目が気になります。

そして、上司に気に入られると、昇給や昇進につながります。

ですので、上司に気に入られようと、上司を見て仕事をする思考になってしまいます。

この思考は、ずっとその会社にい続けるのなら、良い思考かも知れません。

しかし、常にその上司の下で働くわけではなく、また、その会社も、いつまでもあるとは限りません。

そこで必要な思考は、マーケットを見て働くということです。

つまり、上司が変わっても、会社が変わっても、自分は通用するのかを考え、買ってもらえる自分の価値を持っておくことが必要なのです。

【マーケットバリューの高め方】

この本では、マーケットバリューを高めるために、20代は専門性、30代は経験、40代は人的資産で、キャリアを作れ、と教えてくれています。

【20代は専門性】

20代は、とにかく今の仕事の専門家といわれるくらい、専門性を高めておく必要があります。

四の五の言わずに、とにかく働け!ということですね。

個人的には、20代は、ワークライフバランスや、働き方改革などは、考えてはいけないと思います。

いや、逆に、ワークライフバランスや、働き方改革で、仕事をしていない人に、差をつける良いチャンスなのかも知れません。

営業だったらトップ営業になる、経理だったら実務をしながら資格を取る、製造だったら設備や技術のことにも詳しくなっておく、など、今の仕事で、より専門性を高めることを意識した仕事をしましょう。

【30代は経験】

専門性が高まれば、専門性の低い人に比べて、色々な経験ができるチャンスが生まれます。

チームリーダーや、プロジェクトリーダーに抜擢されたり、より専門性の高い仕事を任せられたり、など、専門性の低い人には、絶対に回ってこない経験です。

ここで、大きく差がつきます。

そして、面倒な仕事は率先して引き受ける、問題が起きたら自らその問題に飛び込んでいく、など、自らを厳しい環境に置くという思考も、必要です。

ここでも、更に、大きく差がつきます。

【40代は人的資産】

専門性が高く、様々な経験を持つと、様々な人が近寄ってきます。

でも、その人が、上から目線で、偉そうな人であれば、仕事上でのお付き合いのみで、それ以上、付き合おうとは思いません。

結局、その仕事だけの関係で終わり、もし立場が変わってしまえば、相手にされなくなってしまいます。

人的資産、つまり人脈を持つためには、専門性と経験に加え、高い人間性が必要なのです。

高い人間性と言っても、特別なことではありません。

必要なのは、他人への思いやりがある、人を認める、人の話しはちゃんと聞く、自分の意見が言える、間違いは素直に認める、謝ることができる、仕事はやり切る、など、人から信頼されるための、基本的な考え方や行動です。

また、この人間性は、実は肌で感じることでもありますので、表面を繕うだけでは、残念ながら、確実に見破られてしまうのです。

そして、この人間性を高めるためには、やはり、厳しい環境で、自らが苦労をするという経験が、必要なのです。

【人生の参考書にもなる一冊】

他にも、たくさんの、転職するために必要な思考法が、この本には書かれています。

是非、この本を読んで、しっかりと準備をしてから、転職活動に臨みましょう。

また、転職を考えている人だけでなく、今の仕事が、マーケットではどのような価値があるのかなど、今の自分の仕事の価値を考えるきっかけにもなります。

そして、今の仕事の価値を考えることは、今後の人生にもつながってきます。

この本は、より良い人生につなげるための、参考書にもなるはずです。

様々な人に読んで欲しい一冊です。

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

down

コメントする




自己紹介

スポンサーリンク




Amazonへのリンク

Amazonでのお買い物はこちら!

楽天各サービスへのリンク

イチオシ大型企画!

旅行の予約はこちらから!

話題の本&雑誌の購入なら

人気ブランド500以上

常に人気上位の楽天カード



にほんブログ村

にほんブログ村参加中!!

↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

人気ブログランキング参加中!!!

↓↓↓


人材・教育ランキング