「働く」ことを考える課

「働く」ことに悩んでいる人たちに、少しでも勇気や元気を持ってもらえるように、「働く」ことを前向きに、そして色々な視点で考えていきます。

「道ひらく、海わたる(著者:佐々木享)」から感じる大谷翔平選手の魅力と仕事にも通じること

time 2018/05/03

「道ひらく、海わたる(著者:佐々木享)」から感じる大谷翔平選手の魅力と仕事にも通じること
スポンサーリンク

 

【「道ひらく、海わたる(著者:佐々木享)」から感じる大谷翔平選手の魅力と仕事にも通じること】

 

道ひらく、海わたる 大谷翔平の素顔

 

「道ひらく、海わたる 大谷翔平の素顔 (著者:佐々木享)」を読みました。

この本から、大谷翔平選手の魅力を改めて感じるとともに、私たちの仕事にも通じることも沢山あると感じました。そして沢山の学びをいただきました。

是非その大谷選手の魅力や、学びの部分などをこの場で共有させていただき、そして私たちの仕事にも置き換えて考えてみたいと思います。 

 

【まず感じる両親の存在の大きさ】

大谷選手の成長の裏側には、まずは両親の存在の大きさを感じました。

その両親について、大谷選手はこう語っています。

「今でもそうですが、親には本当に自分がやりたいように自由にやらせてもらってきました。父親には、やりたければやればいいし、やりたくなければ自己責任でという感じで接してもらいましたし、母親にも『勉強をやりなさい』と言われたことがなかったですし、たくさん支えてもらいながら、これまで自由にやらせてもらってきたと感じています。」

 

大谷選手は、いつも自分で考えて、自分で結論を出して、行動してきたのです。

だからこそ、一つ一つの行動に責任を持つことができ、納得した行動が出来たのです。

そしてそれは、両親に愛されている、温かく見守られている、そしてしっかりと支えてもらっている、という実感があるからこそ、安心して出来たことだと感じます。

 

部下育成でも同様のことが言えると思います。

自由が与えられるからこそ、自分で考えるようになり、そして責任を持った行動につながるのです。

そして何より、部下が上司に愛されている、温かく見守られている、支えてもらっている、という実感があり安心感があるからこそ、部下は色々なチャレンジが出来るのです。

部下が動かない、責任を持たない、自分で考えないなどと嘆いている上司の方をよく見かけます。

しかし嘆く前に、上司自身の部下への接し方を、まずは振り返っていただきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【花巻東高校野球部の佐々木洋監督の存在の大きさ】

そして花巻東高校の佐々木監督の存在も非常に大きかったと感じます。

 

佐々木監督は、大谷選手の育成についてこう語っています。

「怪我の治療も大事ですが、今は『予防の時代』になっていると思います。他の選手も同じようにしますが、体がまだ縦に伸び続けていた大谷には、怪我をする前にと思って入学後すぐに体の検査をさせました。体の機能や症状を確認しながら、三年間の育成プランを考えようと思ったんです。すると、病院からは大谷の体には骨端線(体の縦軸方向に関係する骨の先端付近の軟骨層)がまだ残っている、骨が成長段階にあると告げられました。いたるところに骨端線が残っているので、過度なストレスはかけられないということだったので、ドクターやトレーナーと相談しながら三年間の育成方針とトレーニング内容を慎重に考えて進めることにしました。」

 

大谷選手のようなスケールの大きな選手が入学してきたら、やはり期待してしまいますし、期待しているが故に厳しいトレーニングを強いることもありがちです。

そして勝つために、試合でも無理をさせて登板させてしまうこともあったりするでしょう。

しかし佐々木監督は、大谷選手の将来のことも考えて、入学段階で大谷選手の体に合わせた三年間の育成プランを決めたのです。

佐々木監督にも、試合に勝つということと、大谷選手の将来を考えるということの、葛藤が沢山あったことと思います。沢山の我慢があったと思います。

しかしこの佐々木監督の育成プラン通りの育成をしたからこそ、今の大谷選手があるのだと感じました。

 

部下の育成プランも、部下の資質に合わせて、長期的な視点で考えているでしょうか。

部下にいきなり結果を求めていないでしょうか。

そして性急な結果を求めるあまり、部下をつぶしてしまってはいないでしょうか。

ここでも今一度、部下の育成方法について、振り返ってみましょう。

  

【高校時代の怪我が二刀流の原点となる】

大谷選手は高校二年の夏に、骨端線損傷という怪我をしました。

「怪我の功名」と言いますが、実はこの怪我が、大谷選手の二刀流の原点になったのです。

 

佐々木監督は、当時を振り返ってこう語っています。

「怪我をした直後もそうでしたが、バッティングのときは痛みを感じないということで、冬はバッティング練習に費やす時間が多かった。もともとバッティングの力を持っていたので、そのことがすべてではないと思いますが、冬のオフシーズンを経て大谷のバッティングは一気によくなりました。」

「大谷本人もそうだったと思いますが、その時点では『ピッチャー・大谷翔平』の意識した私にはなかった。もしかしたら、ピッチャーとして三年間、順当にいっていれば『バッター・大谷翔平』があそこまでのものになっていなかったかもしれない。」

「本人の野球人生においては、あそこで怪我をしたことがその後の未来を変えたと言ってもいいかもしれません。」

「あの期間の練習というのは『バッター・大谷翔平』の基礎をつくるのには大事な期間だったと思います。」

 

一流選手は、怪我も味方に付けるのです。

そして怪我の中でも、その時に自分がやれることを必死でやって、自分を成長させるのです。

 

ちょっとした失敗やうまくいかなかったことなどで、クヨクヨしたりしていませんでしょうか。

大谷選手が怪我でバッティングが向上したように、失敗は実は次の成功につながったり、うまくいかないことをうまくいくように努力することで成長につながったりします。

その時々で起きた現実を受け入れ、その時に自分が出来る精一杯のことをするということが、大切であるということです。

そしてそのことは、次につながっていくということです。

まさに怪我の功名です。

  

【周りの言葉を気にせず「二刀流は楽しい!」】

プロ一年目のスプリングキャンプから、大谷選手は投手と野手の練習をこなしていました。

プロで二刀流を目指す大谷選手の、プロの生活が始まったのです。

 

そして実際に私もプロ野球解説者のコメントを聞きましたが、大谷選手の二刀流には以下のような、批判的な意見が多かったのも事実です。

「ピッチャーとバッターのどちらか一方の専念したほうがいい。」

「二刀流は体への負担が大きい。」

「結果的に、どちらの才能も失ってしまう可能性がある。」

 

このことを心配した花巻東高校の佐々木監督は、大谷選手に聞いたそうです。

「実際に二刀流をやっていて、周りの声は気にならないのか?」 

それに対して大谷選手は、以下の言葉を返したそうです。

「気になりません。」

「とにかく楽しいです。」

 

大谷選手は、野球を、二刀流を、心底楽しんでいるのです。

そして周りの言葉も気にならないくらい、楽しんでいるのです。

こんなに楽しめることに、打ち込める大谷選手を羨ましく思います。

 

仕事も心底楽しめたら、どんなに良い仕事が出来ることでしょう。

楽しいと感じる仕事に就けることが出来たとしたら、どんなに素晴らしいことでしょう。

 

そして楽しいと思えることは、周りの意見も気にならにくらい、自分の中に一つの柱が生まれてくるのだと思います。

 

私たちもその仕事を選ぶときには、この仕事をしたい、この仕事を通して世の中に貢献したい、そして成長したいと思って、その仕事を選んだはずです。

自分で選んだ仕事は自分で楽しむ、また仕事の中に楽しさを見つけるなど、仕事であっても楽しむということは重要なポイントとして意識しておきたいと思います。

  

【「変化を求めていったほうが楽しい!」】

大谷選手はいつも変化を求めています。

 

変化に対して、大谷選手はこう語っています。

「何も変わらないより、何かを変えていった方がいい。何も変わらなかったら、前の年と同じ結果になる可能性は高いですし、変化を求めていったほうが僕は楽しいと思うんですよね。これが良かった、これが悪かった。そういうのを繰り返したほうが面白いんじゃないかと思うんです。」

 

人間は変化を嫌う傾向にあります。

それは変化しないことが楽だからです。

しかし成長するということは、変化をするということでもあります。

変化しないと成長はあり得ません。

大谷選手は、その変化も楽しみ、そして成長してきたのです。

 

仕事においても、成長していくために、日々変化が求められています。

そしてその変化も楽しみ、成長も実感が出来るとしたら、仕事に対するやりがいも全く変わってくると思います。

成長とは変化することであることを意識し、成長するために自ら変化を求めていくということも、仕事では意識しておきたいことです。

 

【全て仕事に通じること】

この「道ひらく、海わたる」に書かれてある大谷選手のことや周りの方々のことなど、全て仕事にも通じると思って、読み終わりました。

 

大谷選手の魅力を感じるだけでなく、是非ご自身の仕事に置き換えてながらも読んでいただきたい本だと思います。

 

道ひらく、海わたる 大谷翔平の素顔

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

down

コメントする




自己紹介

スポンサーリンク




Amazonへのリンク

Amazonでのお買い物はこちら!

楽天各サービスへのリンク

イチオシ大型企画!

旅行の予約はこちらから!

話題の本&雑誌の購入なら

人気ブランド500以上

常に人気上位の楽天カード



にほんブログ村

にほんブログ村参加中!!

↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

人気ブログランキング参加中!!!

↓↓↓


人材・教育ランキング